• #
  • トップ
  • エンタメ
  • 今年も収録後の純烈を直撃!リーダー酒井がダイエット?狙うは〇...

今年も収録後の純烈を直撃!リーダー酒井がダイエット?狙うは〇〇!小田井は投資!?純烈の野望とは?:第54回年忘れにっぽんの歌

エンタメ

テレ東

2021.12.30 第54回年忘れにっぽんの歌

12月31日(金)午後4時からは「第54回年忘れにっぽんの歌」を放送!

半世紀以上にわたり、日本を代表する歌手によって、誰もが口ずさめる名曲をお届けしてきた年末恒例歌特番。今回は2年ぶりの有観客で、これまで以上に視聴者を裏切らない「絶対にはずさない名曲」をたっぷりお届けいたします。
さらに、あのザ・ドリフターズの出演が決定! 加藤茶、仲本工事、高木ブーの3人が、ドリフの大ヒット曲を熱唱します! ステージでは、歌だけでなく、なんと出演歌手らと共にコントも披露し、観客が爆笑の渦に包まれる一幕も!

nipponnouta_2_20211230_01.jpg
五木ひろしはスペシャルメドレーを披露! 「よこはま・たそがれ」ほか名曲の数々を歌い上げ、観客からは鳴りやまぬ拍手が...!

さらに今年もますます活躍の場を広げた純烈によるSP企画もオンエア。小林幸子、八代亜紀、天童よしみ、坂本冬美という豪華女性歌手と"デュエット劇場"を繰り広げました。

今年もたっぷり6時間にわたってお届けする夢の競演に、ぜひご期待ください!

「テレ東プラス」は、歌唱後の純烈(酒井一圭、白川裕二郎、小田井涼平、後上翔太)を直撃! 今年もサービス精神旺盛な純烈メンバーによる楽しい座談会をお届けします。※2019年の記事はコチラ

nipponnouta_2_20211230_02.jpg▲上段左から小田井涼平、後上翔太、下段左から酒井一圭(リーダー)、白川裕二郎

2024年......武道館で風呂を沸かすことを目標にしています!(笑)


――純烈さんのお芝居とデュエットコーナー、とにかく豪華でした! 会場もとても盛り上がっていましたね。小林幸子さん、八代亜紀さん、天童よしみさん、坂本冬美さん...大先輩方との共演はいかがでしたか?

酒井「いや本当にもう、お話をいただいたときは驚きましたし、僕らはただただ先輩方の胸を借りただけです!」

小田井「錚々たるメンバーにビックリしました!」

白川「僕は八代さんとデュエットさせていただきましたが、ステージ上でアドリブがあったので、ものすごくドキドキしてしまいました。僕のことを"ちーちゃん"と、八代さんが可愛がっている猫ちゃんの名前(ちーたん)で呼ばれた時にはどう返そうかと...(笑)。もちろん、台本にはないセリフです」

後上「僕は天童さんと...本当に豪華すぎました。ぜひ放送を楽しみにしていてください」



――2021年も残すところわずかとなりました。純烈の皆さんにとって、この1年で嬉しかったことは?

nipponnouta_2_20211230_03.jpg
酒井「よく"コロナの影響でライブが全然できなかったのでは?"と聞かれますが、実は2月からライブを再開させていただき、ほとんど中止にならず、順調に開催することができました。自治体の皆さんやイベンターさん、何よりお客様たちが『よく来てくれたね~』と、県を越えてやってきた僕らを、優しく迎え入れてくださって...。皆さんマスクしながら、しっかりとルールを守った上で楽しんでいただき、お互いに手を振り合う時間を過ごせた今年のライブは、非常に感慨深いものがありました。おそらく5年後も10年後も忘れることができないでしょう。そんな2021年になりました」

nipponnouta_2_20211230_04.jpg
白川「僕も同様に、2021年はコンサートを復活できたことが嬉しかったですね。11月に『LINE CUBE SHIBUYA』で行われたコンサートでは、約2年ぶりに客席を回るラウンドをやらせていただいて...。お客さんとの握手はできませんが、客席に降りて、お客さんと同じ高さで目線を交わせたことはものすごくありがたかったですし、心から嬉しい出来事でした」

nipponnouta_2_20211230_05.jpg
後上「僕はコンサートはもちろんですが、6月にリリースした『君がそばにいるから』で、幸耕平先生が『第54回 日本作詩大賞』を受賞され、その瞬間に立ち会えたことが嬉しかったです。賞レースの存在はもちろん知っていましたが、自分が出演させていただけるとは夢にも思わなかったので、『出演できるだけでもソワソワするね』と、メンバーやスタッフと話していました。それだけでも十分ありがたいことでしたが、先生が大賞を受賞されて最高に幸せでした! 嬉しすぎたので家に帰ってからも録画を見直しましたが、受賞の瞬間を冷静に観ると、"もっとこういうリアクションをしたら良かったのに!"と反省してしまうほど、素の自分がいました(笑)」

nipponnouta_2_20211230_06.jpg
小田井「僕的には、『東京2020オリンピック・パラリンピック』が無事に行われたことですね。もしもオリンピックが中止になっていたら、僕らのコンサートもすべて中止になっていたかもしれない。2021年は、明治座で初の座長公演をやらせていただいたこともあり、お客様に見ていただくことができたのが何より嬉しかったですね。
エンターテインメントの世界では、お客様が一緒にいることが当たり前でしたが、今やもう当たり前ではなくなってしまった。そんな中、比較的お互いが喜ばしい状態でやれたというのがとても良かったです。だから僕たちにとって、オリンピックの開催はとても大事なことだったんです!」


――皆さんの、ファンの方に対する熱い想いがひしひしと伝わります。それでは、2022年に向けての抱負を教えてください。

酒井「純烈は、2024年に日本武道館でコンサートやりたいと考えているので、その"ホップ!ステップ!ジャンプ!"のホップにあたる2022年は、本当に大切な1年になります。純烈結成以来、一番多くコンサートをして全国の皆さんに会いに行くために、今、スタッフも動いてくれています。コロナで大変な時代にならないように願うばかり。皆さんの前でとにかく生の純烈を体感してもらいたいです。そして2024年......武道館で風呂を沸かしたい!(笑)」

白川「僕は、母が88歳と高齢で、家に帰ってもだんだん会話のキャッチボールが難しくなってきているので、2022年はできるだけオカンの近くにいてあげたいなと思っています。2人の時間をもっと増やしていきたいです」

後上「ありがたいことに、2022年もお仕事をたくさんいただいて、カレンダーも真っ黒になってきているので、すべてを全力で楽しむためにも健康に気をつけたいですね。質のいい睡眠と質の良い食生活を心掛け、食事は食べ過ぎず、食べないこともやめる! バランスが良い生活を送ることが目標です」

小田井「コロナの前は、"全国47都道府県をほぼ回れたかな?"というスケジュールで動いていました。でもその中には、1度しか行けていない場所もたくさんありますので、2022年はそれも踏まえた上で、コンサートツアーやディナーショーなど、全国各地を飛び回りたいですね。『紅白歌合戦』に初出場する前に訪れて以来、すっかりご無沙汰している地域もあるので、"紅白に出たよ!"というご報告を兼ねて、皆さんに会いに行きたいです。あっ、それと、来年は個人的に不動産に手を出そうかと(笑)」

25204
※このページの掲載内容は、更新当時の情報です。
次のページ2022年、メンバーに直してほしいことは…?

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

第54回年忘れにっぽんの歌

第54回年忘れにっぽんの歌

54回目を迎えた恒例の歌特番。日本を代表する歌手が集結!大晦日に本当に聞きたい名曲をたっぷりお届けします。さらにザ・ドリフターズによるSP企画も!

放送日時:テレビ東京系列 2021年12月31日(金) 夕方4時

人気の記事POPULAR ARTICLE

    おすすめコンテンツRECOMMEND CONTENTS

    カテゴリ一覧