インフルエンザの季節到来! 猛威と戦う「塩野義製薬」:カンブリア宮殿

ビジネス

テレ東

2019.1.24 カンブリア宮殿

kanburia_20190124_thum.jpg
1月24日(木)夜10時~放送の「カンブリア宮殿」。今回は、インフルエンザ新薬開発の現場に潜入!「手代木マジック」と言われるようになった塩野義製薬・手代木社長の経営手腕に迫る!

インフルエンザの季節到来! 猛威と戦う!

kanburia_20190124_01.jpg
皆さんインフルエンザの予防対策どうしていますか? 受験を控えた中学生をもつ父。「今年は何としても防がないと。子供にうつしてしまったらシャレにならない」と家庭内感染に気を使う。また、「深蒸し茶」の産地、静岡県菊川市では、市内の全小学校に「給茶機」を導入。お茶でうがいをし、インフルエンザを予防する。

しかし、新年のクリニックには多くの患者が。医師「感染は仕方ない。でも、他にうつさないことが大事」という。インフルエンザと診断された患者に、ある薬が処方された。わずか1回の服用で済むインフルエンザの新薬「ゾフルーザ」。既存薬タミフルが5日間飲むのに対し、「ゾフルーザ」は1回のみ。ウイルスが急減するので、人にうつさないことが期待されている。

「ゾフルーザ」を開発したのは塩野義製薬。大阪に本社を構える創業140年の老舗企業。社長の手代木功は、1990年代、業績不振で「終わった会社」と揶揄されていた塩野義を劇的に復活させた。「手代木マジック!」と言われる経営手腕に迫る。

インフルエンザ新薬開発の現場に潜入! 開発の裏に「手代木マジック !」

kanburia_20190124_02.jpg
塩野義は、1990年代他社の開発した薬の販売で実績があった。そのためか、営業は強かったが、創薬力は弱かった。研究者は論文ばかり書き、薬を開発しなかった。改革にむけ白羽の矢が手代木に。2004年に研究開発部門トップになり、「創薬型企業」を目指すことを決意する。「薬を作るのが製薬会社本来の仕事だ! 研究だけしたいなら大学に戻れ!」
そして、25あった研究分野から「感染症」など3分野に絞り込んだ。抗がん剤の研究チームも解体。現場は猛反発したが「人数が圧倒的に多い大手に勝てるのか! 嫌なら代案を出してくれ」と理詰めで現場を納得させた。そして2008年48歳で社長に。

今、世界の製薬業界は、メガファーマと言われる巨大製薬企業が資金と人材を投入し、新薬の開発競争を繰り広げている。そんな中で、塩野義は国内でも10位。メガファーマに規模では及ばない。しかし、大手でも開発が難しい"新薬"が、手代木リードで14年間に7つも生まれているのだ。通常、新薬の開発には、約15年の月日を要するが、ゾフルーザは約10年で成功した。何故、それが可能だったのか。開発現場に初めてカメラが入った!

世界のインフル患者を救え!

昨シーズン全米では、インフルエンザが大流行。警戒感が強まる中、新薬ゾフルーザがアメリカFDAでも承認された。2018年11月ニューヨーク、手代木の姿が。スイスの製薬大手「ロシュ」のCEOセベリン氏との面談。ロシュは「タミフル」を開発販売してきた世界最大のメガファーマだ。そのロシュに、日本・台湾以外の世界での販売権を与えた。ロシュの販売力で世界のインフルエンザ患者に新薬を届ける!

関連タグ

一緒に読まれています!

この記事を共有する

番組情報INFORMATION

カンブリア宮殿

カンブリア宮殿

多彩なゲストを迎え、村上龍が日本の今を切り取るトークライブ。

放送日時:テレビ東京系列 1月24日(木) 夜10時

出演者

【ゲスト】塩野義製薬 社長 手代木功 【メインインタビュアー】村上龍【サブインタビュアー】小池栄子

人気の記事POPULAR ARTICLE

カテゴリ一覧