土曜スペシャル

放送リストに戻る

ご意見・ご感想

トップに戻る
放送内容
2007年10月13日 秋に訪れたい
感動!のんびり 体験の旅
新潟県十日町

棚田の里で稲刈り体験 田舎暮らしの旅

リポーター:深沢邦之

秋の“旬”を求め小田原から箱根のハイキングを楽しむのは、ささきいさ日本の米どころ・魚沼で、深沢邦之が稲刈り体験に挑戦。新潟・十日町にある松代は、「棚田の里」と呼ばれ、四季折々美しい姿を見せる棚田が広がる場所。そんな松代で、農家の暮らしを体験できるのが「貸民家みらい」。
農家の若井さんと一緒に様々な田舎暮らしの体験をする。
まずは、稲刈り。鎌を持って、腰に稲わらを巻き、手刈りに挑戦。
稲刈りの後は、郷土料理のちまきを一緒に稲刈りをした人達と食べ、絶景露天の五右衛門風呂で疲れを癒す。
夜は新米をかまどで炊き、囲炉裏を囲んで郷土料理の夜ごはん。
翌朝は杵と臼を使ってぼた餅作り。
稲刈りを通して、その土地の人たちとも触れ合う旅。


お問い合わせへ

岡山県備前市

備前 陶芸の里 焼き物にふれる旅

リポーター:かとうかず子
備前焼の里・岡山の伊部へ陶芸体験にやってきたのはかとうかず子。 陶芸の町ならでは。
町のあちらこちらに備前焼が見られ、神社の石畳も備前焼という伊部の町。立ち寄った寿司店では、使っている器は全て備前焼。さらに、陶芸家の神社の神主や、陶芸家のカフェのオーナーにも出会う。
体験するのは県の無形文化財に指定されている伊勢崎満さんの陶房。茅葺屋根の陶房で、備前焼の作家から、陶芸体験のレクチャーを受ける。さらに、なかなか見ることのできない備前焼の窯焼きも見学させてもらうことに。
今宵の宿は、備前焼の作家が昔からよく訪れたという老舗の旅館。
宿にしつらえてある器や花瓶などすべて備前焼。
焼物の町ならではの食や生活に触れる旅。

お問い合わせへ

京都府京都市

伝統にふれる秋の京都!町家暮らしの旅

リポーター:丘みつ子&熊谷真実
最近京都で流行っているのが「町家暮らし」の体験。そんな京都を感じる旅に出かけるのは丘みつ子と熊谷真実。昔ながらの町家を一棟貸してもらい、そこに暮らすように泊まる。夜は京の台所・錦市場で京野菜や漬物を購入し、自炊で京都の生活を満喫。
さらに現在京都でオススメなのが着物体験。
着物の似合う町・京都の風情を感じながら着物で町をそぞろ歩きすると、なんといろんなサービスが受けられるというもの。朝は凛とした空気の中、南禅寺を散歩。その足で、南禅寺縁の料亭に立ち寄り、朝粥をいただく。
ほかにも西陣では京都の伝統工芸に触れ、京友禅の体験をする。
京都の暮らしを思いきり満喫する旅。

お問い合わせへ

石川県加賀

雲上の宿坊で癒し体験

リポーター: 田中健
古くからの城下町である加賀・小松の体験旅に向かったのは田中健。最初に向かったのは大聖寺。この大聖寺にある実性院では、萩が見ごろ。さらに大聖寺川の川下りで、船頭体験に挑戦。
今回の旅の目的は、前田家ゆかりの寺である那谷寺の宿坊「生雲」。
ここに宿泊し、様々な宿坊体験に挑戦する。
生雲は山の頂上にあり、窓からは目の前に白山が広がる絶景の宿。白山を拝しながら、写経体験や瞑想体験、そして朝は神道火祭りと言われる行事にも参加。もちろん宿坊ならではの精進料理も味わう。
普段の生活から離れ、気持ちを鎮め、心を癒す体験の旅。

お問い合わせへ

長野県信濃町

信州の大自然を満喫!黒姫高原で癒し旅

リポーター: 五大路子
信濃町では町を上げて「癒しの森事業」を推奨している。これは黒姫高原の自然の中を歩くなどして、心と身体を癒すプログラム。
普段の生活でストレスをためがちな都会人にオススメの体験の旅だ。やってきたのは五大路子。
黒姫山のふもとのコースを、森林メディカルトレーナーと呼ばれる町で認定された森の案内人とともに歩く。滝に近づいてマイナスイオンを浴びたり、森の中で深呼吸をしてみたり。また草木を使って遊んでみたり。
そんな自然に身を置きながら様々な体験を通して、身体を浄化。さらに宿ではアロマ体験もし、自家栽培で作った高原野菜を中心とした絶品料理もいただく。
身体の中から外から、自然を思い切り吸収する体験旅。

お問い合わせへ

お問い合わせリスト