土曜スペシャル

放送リストに戻る

ご意見・ご感想

トップに戻る
放送内容
2008年2月23日 故郷の雪まつり
冬の絶景 ふれあい旅
青森

十和田湖冬物語

リポーター: 海老名香葉子&泰葉

八戸駅に到着した二人は、今回の旅の目的「冬まつり」が開催される十和田湖へ向かう。まずは、八戸からは新鮮な海の幸を堪能するため八戸線に乗車し陸奥湊へ。昔ながらの味わいのある雰囲気で安くて新鮮な海の幸を味わった2人はその後、雪景色の奥入瀬川を楽しみながら十和田湖へ向かう。
今宵の宿は「とわだこ賑山亭」。この宿は囲炉裏料理が評判で、夕食は新鮮な海の幸などを炉端焼きで楽しむ。そしていよいよ2人は、「十和田湖冬物語2008」へ。
祭り会場に着いた2人はかまくらの中で酒やソフトドリンクが飲める“かまくらBAR”に行くことに。2人はりんごジュースを注文。グラスが氷でできていて2人はビックリ!青森の特産物りんごを味わった2人は、露天風呂を発見。マイナス10℃のなか、入浴している人と触れ合う。続いて、メインイベントの冬花火へ。冬空に打ち上げられる花火に2人は大満足。翌日、昼間の「十和田湖冬物語2008」も楽しみたいと、2人はソリ滑りなどに挑戦し、郷土料理を味わいにまつり会場内にある食彩ドームへ。そこで、きりたんぽ体験ができるお店を発見。2人は地元のおばあちゃんにきりたんぽの作り方を教えてもらい美味しいきりたんぽを頂き、再び十和田湖へ。最後は遊覧船に乗り十和田湖水上で雪山を見ながら旅を終える。


お問い合わせへ

栃木

氷のぼんぼりとかまくら祭

リポーター: 小川知子&あべ静江
浅草駅から2人は特急スペーシアに乗車。鬼怒川温泉までスペーシアの個室車両でゆったりと過ごす。鬼怒川温泉に着いたら東武バスで龍王峡へ。
龍王峡に着いた2人は、絶景を楽しむために鬼怒川沿いを散策。昼食は龍王峡の近くにある「ふるさとの料理 わらび」で県内産の大田原牛ハンバーグなどを頂く。食事を楽しんだ2人はバスに乗り込み、今宵の宿「湯西川白雲の宿 山城屋」のある湯西川温泉へ。
宿に荷物を置いたら早速、祭り会場に向かう。祭り期間中は街中にかまくらや雪だるまが作られており夜になるとライトアップされるとのこと。会場で2人は、地元の子供たちとミニかまくら作りに挑戦する。夜になるとミニかまくらがライトアップされて幻想的な景色が。
宿に戻った2人は夕食と冷えた体を温めるために温泉に浸かる。翌日、また2人は祭り会場でソリ滑り、雪だるま作り、雪合戦などで楽しんだのだった。

お問い合わせへ

鳥取

雪灯籠まつり

リポーター: 深沢邦之
羽田空港から約1時間15分、鳥取空港に到着したのは深沢邦之。 鳥取駅からバスを乗り継ぎ、早速「鳥取砂丘」へ。日本海の絶景を見た後は、鳥取砂丘のすぐそばにある「鯛喜」という店に立寄り、格安の日本海の幸を堪能。
次に鳥取市内で、「観水亭こぜにや」の露天風呂に入り、体を温める。
鳥取駅から智頭急行に乗り、今回の旅のメインである「智頭宿雪灯籠まつり」会場へ。鳥取県南東部の智頭町は、古い町並みの残る情緒豊かな町。そこの「智頭宿雪まつり」は、宿場町の名残をとどめる智頭宿一円を舞台に、手作りの雪灯籠が智頭駅から智頭宿にかけて並び、街道沿いにはしし汁などの屋台や楽しい催し物も用意されている。
また、智頭町は日本有数の杉の産地。街並みには、「杉玉」と呼ばれる飾りが家々の軒先に飾られている。杉玉工房では、その杉玉作りを体験することができる。深沢も杉の香りを楽しみながら杉玉作りを体験。
夕方から町並みは一変。家の軒下に作られた約500基の雪灯籠(とうろう)が柔らかい照明で通りを照らす。「寒い冬の雪はずっと嫌われものだった。それを逆に、雪が楽しみになるようなイベントにしよう」をテーマに9年前から始められたイベント祭り。
氷の灯籠と雪の灯籠、創作竹筒灯籠など思考を凝らしたものが毎年飾られる。 今宵の宿は、「割烹旅館 林新館」。1日3組限定の宿で、新鮮な日本海の海の幸と鳥取の山の恵みを堪能できるお宿。この時期旬の松葉ガニを堪能する。
翌日、若桜鉄道に乗って、終着駅の若桜まで。
SLを見学し、鯖街道沿いの「夢豆庵」で、最近復活した「サバ天うどん」をいただき、趣のある蔵通りを歩きながら旅は終わる。

お問い合わせへ

山梨・河口湖

冬花火 湖上の舞

リポーター: 西村知美 夫妻
首都圏から近場の河口湖。大月駅で富士急行フジサン特急に乗り換え、およそ40分。富士五湖のひとつ、河口湖に到着。2人は名物レトロバスに乗り河口湖へと向かう。メイン会場のある大池公園で降り、イベント会場に向かうと…。餅つき大会やコマ回し大会など楽しいイベントが盛りだくさん。このイベント、実は夜からが盛り上がりを見せるため、2人は河口湖の周辺へ繰り出すことに。
湖近くの洒落たレストラン『炭火焼ダイニング あうん亭』は、食材にこだわる店。黒豚の炭火焼とジンギスカンをいただき二人も大満足。午後は、夫婦で体験できる『自然工房 石ころ館』へ。ここは、様々な石やガラス細工、スワロフスキーなどのパーツで、好きなアクセサリー作りを体験できる施設。世界にひとつしかない自分だけのアクセサリーに感動する2人。
日が傾きかけた頃、対岸にある大石公園では『光のナイヤガラ』と題してイルミネーションが輝きを放ちだす。全長70メートルの光のナイヤガラと夕景に染まる富士山のコントラストはまさに絶景。
しばしその光景に見とれた2人は、メイン会場の大池公園に戻り、イベントのクライマックスの花火を見学。約2000発もの花火が河口湖の冬の夜空を彩り、まさに感動のひとこと。花火を見ながら西村夫妻の日帰りの旅もここで終了。
近場で気軽に楽しめる冬の河口湖の旅だった。

お問い合わせへ

石川

桑島雪だるま祭り

リポーター: あおい輝彦
羽田空港から約1時間、小松空港に到着したあおいはバスに乗車して白峰へ。白山の麓に近づくと段々雪深くなってくる。そのさまを楽しみながら白峰に到着。白峰は古民家が多く町全体の建物を古民家風に統一させている。町を少し歩くと木材で頑丈に囲われた建物を発見。実は、こちらは寺なのだが、豪雪地帯のため木材で頑丈に囲んでいるとのこと。あおいは白山本地堂の中を見せてもらった後、白峰で大正時代から続く旅館「春風旅館」に到着。あおいはここで昼食をとることに。「春風旅館」では地元白峰で取れた蕎麦や山菜、魚などを食べさせてくれる。食事の後、桑島へ移動。町の散策をすると、いたるところに雪だるまを作っている人を発見。祭りは午後5時からライトアップなので、今宵の宿「ホテル八鵬」へチェックイン。冷えた体を温めるために温泉に入浴し、あおいは町の人たちと一緒に雪だるまを作る。
午後5時になると、あおいも町の人々と一緒にろうそくへ点火。町中にライトアップされた雪だるまを見て感動に浸る。
翌日、女将さんから隣町で年に一回の伝統的な祭りがあると聞いたあおいは、早速見にいくことに。300年の伝統がある「文弥浄瑠璃まつり」の練習風景を見ることができ、日本の伝統に感動し旅は終わる。

お問い合わせへ

お問い合わせリスト