土曜スペシャル

放送リストに戻る

ご意見・ご感想

トップに戻る
放送内容
2008年5月24日 超お得!
ユニーク割引プランの宿
静岡

ダーツで狙え!宿泊無料 浜名湖畔の宿

リポーター: 内山信二&母
浜松駅に降り立ったのは、内山信二と母。実は、二人で旅行をするのは今回が初めて。さらに母のテレビ出演も初めて。嬉し恥ずかしい、親子水いらずの旅が始まる。
まず二人は、ちょっと早めのランチで、うなぎ専門店「志ぶき」へ。ふわふわで美味しいウナギを堪能する。腹ごしらえが済み、二人は今宵の宿『鞠水亭』にチェックイン。浜名湖沿岸にたたずむ絶景のホテル「鞠水亭」では、自らダーツで特典を当てる『ダーツでお楽しみプラン』を実施中。大当たりは、なんと“宿泊料金全額無料”!!果たして、二人が投げたダーツは何を当てるのか…。
チェックインを終え、2人は再び外へ出かけ、4月から解禁となった潮干狩り等、浜名湖の春を満喫。そして宿に戻り、ダーツで当てた特典と浜名湖の名産が並ぶ夕食を堪能する。

お問い合わせへ

群馬・伊香保

今月は○○さんに大サービス!伊香保温泉お得プランの宿

リポーター: ガッツ石松&娘
高崎駅を降り立ったのは、ガッツ石松と歌手でもある娘の佑季。ガッツ石松は「娘にお得で美味しい旅を奢ってあげる」と大張り切りで、伊香保行きのバスに乗り込む。
途中、腹ごしらえをしようと水沢でバスを降車した二人。実はこの地の“水沢うどん”は、“日本三大うどん”として「讃岐うどん」「稲庭うどん」と並ぶほど有名で、その味はお墨付き。通りには多くの店が軒を連ねている。その中でガッツ石松が向かったのは「水澤亭」。というのも、このお店では、「御前メニュー」を注文するとうどんのお替りが無料なのだ。さらに、「うどんのつかみ取り」もやっている。2人は、安くてお得な美味しいうどんでおなか一杯に。その後、再びバスに乗り目指すは伊香保温泉。
今宵の宿は、温泉街の高台に佇む「秀水園」。ここでは、特定の名字の人だけ得をする『お名前限定お得プラン』を実施中。月ごとに対象となる名字が変わるこのプランは、新鮮野菜プレゼントや無料陶芸体験プレゼントなど、数々の特典がある上に、宿泊料金も割引になるという超お得なプラン。そんな嬉しいプランを当てにしてやってきたガッツ親子だが、さてさて今月の名字は…?
チェックインを済ませた後は、親子揃って嬉しい特典をフル活用。「人力自動車」に乗って伊香保の町を観光し、色浴衣に着替えて陶芸作りを体験するなど。夕食は、プランの特別メニューに舌鼓し、伊香保のお湯でゆったりとリラックス。

お問い合わせへ

熊本・黒川温泉

ご当地クイズで特典満載!黒川温泉湯めぐりの旅

リポーター: 根本りつ子&杉田かおる
熊本空港に到着したのは、仲良し2人組の根本りつ子と杉田かおる。2人はここから九州横断バスに乗り、大人気の温泉郷・黒川温泉を目指す。
宿泊するのは、細川藩の御用宿として始まったという創業200年以上の「御客屋」。二人はここの『クイズに答えてお得プラン』で宿泊する。このプランは、夕食のあとに簡単なご当地クイズを行い、全問正解すると“ランチプレゼント”“下駄プレゼント”“宿泊料ちょっと割引”の3つのうちどれか一つが貰えるという大変ユニークなもの。
チェックインでクイズの説明を受けた2人は、早速、歴史深い黒川温泉の散策を開始。といっても、どこにクイズのヒントが隠れているのか全く分からないため、二人は周囲をきょろきょろ。見るもの聞くこと、全てに真剣。 まずは、村の中心にある「風の舎」へ。ここでは、地元住民たちによる手作りの「入湯手形」が販売されていて、宿泊しない宿の温泉にも入ることが出来るという。そこで二人は1個ずつ購入し、川沿いにある開放的な「川風呂」や女性限定の「美人の湯」を楽しむことに。他にも、「おつけもの平野商店」で漬物の試食をしながら、本気でクイズのヒントを探す。
夕食はプラン限定の特別メニュー。このプランにのみ付いてくる「馬のたたき」は絶品。また、小国黒豚のしゃぶしゃぶも格別。
夕食後、いよいよお楽しみの『ご当地クイズ』を回答。昼間のお勉強の成果は、しっかり出せるのか。そして翌朝チェックアウトの時に、答え合わせ。
大盛り上がりの『クイズに答えてお得プラン』。果たして、全問正解なるか!?

お問い合わせへ

長崎

最大90%割引き!長崎ぶらり旅

リポーター: 蛭子能収&兄
長崎駅で待ち合わせていたのは、蛭子能収とその兄。今回2人は、あるプランを利用してとびきりお得な長崎の旅をするという。
そのプランとは、「ホリデイ・イン・長崎」の『年齢割引プラン』。これは、50歳代なら50%、60歳代なら60%、70歳代ならば70%と、なんと年の分だけ割引してくれるという。共に60代という蛭子能収と兄がそのプランを利用すると、1人の宿泊料金は、なんと4000円ちょっと。優雅なダブルベットのシングルユースだというのに、びっくりするような価格。
チェックインする前に、まずは長崎の町を散策。2人の目に留まったのは、創業昭和12年の「双葉屋」。ここで2人は、色々なフルーツを包んでいる可愛い“フルーツ大福”を頂く。次は、オランダ坂を上り景色を満喫。そして、腹ごしらえをしに「四海楼」へ行き、長崎名物“ちゃんぽん”を食べ、また観光を続ける。
夕方チェックインすると、ホテルの人から嬉しい情報が。近くにある「寿司割烹天一」に行くと、ホリデイ・イン・長崎に泊まった人だけ得をする『ホリデイセット』というのがあり、寿司や一品ものを格安で食べられるという。2人の夕食は、そこで決定。
翌日は、長崎名物カステラの手作り体験が出来る「杉谷本舗」へ。ここは、カステラを焼いている間、カステラが食べ放題!しかも、焼いたカステラだけでなく、お土産用にもう1本カステラがもらえるという。
お財布に優しくて、お腹がいっぱいになる、長崎・珍道中であった。

お問い合わせへ

静岡・修善寺

全員半額!名湯の宿 修善寺 親孝行プラン

リポーター: おりも政夫&両親
修善寺駅に着いたおりも政夫と両親。今回おりもは、83歳の父と78歳の母を連れて、ゆったりのんびり親孝行の旅をするという。目指すは、75歳以上の親と一緒に行くと、なんと全員の宿泊料金が半額になるという、超お得プランがある名旅館「ねの湯 対山荘」。早速バスにのり、温泉街へ出発。
開湯1200年という修善寺では、現在、宿泊先の浴衣を着ているだけでオマケがもらえる『浴衣で歩けばいいことあるよ!』キャンペーンを実施中。そこで、チェックインした親子は、仲良く浴衣姿で温泉街の散策を開始。 まずは、そば処「禅風亭なゝ番」へ行き、父の大好物である蕎麦をいただく。すると、食後に「黒米飴」のプレゼントが。浴衣で来店した人へのサービスだという。
その後も街を散策し、一休みしようと今度は甘味処「一石庵」へ。するとここでは、黒米餅のプレゼントが。これも浴衣で来店した人へのサービスだという。宿の外でも得をして、3人は大喜び。
宿に戻った3人は、心地よい修善寺の湯と、繊細な創作料理を堪能。「こんなに盛りだくさんで全員半額とは、なんとも嬉しい」と、親子の笑顔が絶えない。
そして翌日。チェックアウト後は、美しい花が咲き乱れる「虹の郷」で新緑を満喫する。

お問い合わせへ

お問い合わせリスト