土曜スペシャル

放送リストに戻る

ご意見・ご感想

トップに戻る
放送内容
2008年6月14日 秀峰!にっぽん名山紀行
鹿児島県

開聞岳

リポーター: 三ツ木清隆
鹿児島県薩摩半島にそびえたつ開聞岳は、標高924メートル。「薩摩富士」とも言われている。今回のルートは、指宿から池田湖を巡り開聞岳へ。旅の出発点は指宿駅。ここからバスで、開聞岳の絶景ポイントがある池田湖へ向かう。途中、棚田を見つけ農家を訪ねる。再びバスで指宿市内へ。昼食は「小牧庵」で古くから伝わる「小牧そば」をいただく。その後、昔ながらの湯治場がある鰻温泉へ。入浴後、今宵の宿・旅館「かめや」へ。その日あがったばかりの新鮮な海の幸を使った海鮮料理を堪能する。
翌朝、枚聞(ひらきき)神社で登山の安全を祈願後、登山開始。月に1回登っていて今回で189ヵ月連続で登っているという佐伯さんに5合目で出会い、一緒に登ることに。
登山口から2時間30分で山頂に到着。

お問い合わせへ

福島県

安達太良山

リポーター: 市毛良枝
安達太良山は、福島県の北部にそびえる安達太良連峰の主峰で標高1,700mの山。豊かに盛り上がった山頂の姿から乳首山とも呼ばれている。今回のルートは二本松市から大玉村へ、そこから岳温泉経由で山頂を目指す。旅の出発点は二本松駅。霞ヶ城の見晴台から安達太良山を一望した後、お隣の大玉村へ。「あだたらの里直売所」で農家の主婦達が考案した「おったまげた弁当」を食べ、その後 バスで馬場平へ。竹炭工房「あんぽん炭」で炭焼き体験後、岳温泉へ。温泉街の渡辺豆腐店で名物の「玉とうふ」をいただく。今宵の宿は、庭園が自慢の「松渓苑」。そこで安達太良酵母牛など名物料理を堪能する。翌朝、ゴンドラ乗り場で自然公園指導員の斉藤さんと出会い、山頂を目指す。約1時間30分で山頂に到着。その後、20分で噴火口が見える「沼の平」に到着する。

お問い合わせへ

群馬県

妙義山

リポーター: 小野寺昭
赤城山、榛名山、とともに上毛三山に数えられる妙義山。この山は金鶏山、白雲山、金洞山の三つの山に別れ、最高峰は標高1104mの白雲山。今回は、富岡市から安中、下仁田と巡り妙義山を目指すルート。旅の出発点は、上州富岡駅。まずは路線バス代わりのふれあいタクシーに乗り妙義山を一望できる場所へ。その周辺で夏ゴボウを栽培している農家を訪ねる。その後、写生する人達と出会い、あらためて妙義山の美しさに感動する。
更にふれあいタクシーで妙義神社へ。登山の安全を祈願後、安中市にある黒門茶屋で郷土料理の「おきりこみうどん」をいただく。再び上信電鉄で今宵の宿、下仁田温泉「清流荘」へ。自慢の露天風呂で旅の疲れを癒し、コンニャクや下仁田ネギなど郷土料理を堪能する。翌日バスで登山口へ。石門や大砲岩など奇岩奇石の眺めを楽しんだ後、白雲山の山頂を目指す。

お問い合わせへ

神奈川県

大山

リポーター: 岡まゆみ&吉沢京子
大山は、神奈川県の伊勢原市、秦野市、厚木市の境にそびえる山で、標高は1、252m。
丹沢大山国定公園の名山として常に高い人気がある。今回は、伊勢原市から大山山頂を目指すルート。旅の出発点は伊勢原駅。そこからバスで花の名所百選に選ばれている「あやめの里」へ。ここで「あやめ」と絶景の大山を楽しむ。
その後、バスで大山へ。こま参道を通り、ケーブルカーで「阿夫利神社下社」へ。ここで安全祈願後、茶店「ゑちごや」で名物のダンゴをいただく。続いて、二重の滝を見ながら市内が一望できる見晴台へ。ここから1時間10分で山頂に到着。

お問い合わせへ

奈良県

大峰山

リポーター: 田中健
大峰山とは、紀伊山地の中央部・吉野山地の主部をなす大峰山脈の主峰で、通常は山上ヶ岳を指している。標高は1,720mで古くから霊場として崇められ、現在も女人禁制の山。今回のルートは、奈良県天川村に入り、大峰山を目指す。旅の出発点は下市口駅。ここからバスに乗り天川村へ。途中、みたらい渓谷に立ち寄り、渓谷美を堪能。その後、バスで洞川温泉へ。龍泉寺で登山の安全を祈願後、トロッコに乗り五大松鍾乳洞(ごようまつしょうにゅうどう)を見学。その後、名水百選に選ばれている「ごろごろ水」を味わう。昼食は「清九郎」で名水を使った手打ち蕎麦と柿の葉すしを堪能。今宵の宿は洞川温泉「あたらしや旅館」。101年の歴史を持つ老舗旅館で名水豆腐、シカ刺し、などの名物料理をいただく。翌朝、「山先達」と呼ばれる山の案内人と一緒に山頂を目指す。登山口は発心門と呼ばれ ここから女性は登山禁止。2時間30分で山頂に到着。山頂には世界遺産に登録された大峰山寺があり訪れる。

お問い合わせへ

お問い合わせリスト