土曜スペシャル

放送リストに戻る

ご意見・ご感想

トップに戻る
放送内容
2008年7月5日 大自然の恵み 名物!変わり湯の旅
香川県・広島県

国産レモン風呂・国産オリーブ温泉の変わり風呂

リポーター: 麻丘めぐみ&伊藤咲子
日本で1番最初にオリーブが根付いた島、香川県小豆島。その小豆島にあるオリーブ園へ。3ヘクタールの敷地に2000本のオリーブが植えられ、日本で最も古いオリーブの木もあることで有名。そこでハートの形をしたオリーブの葉を探したり、オリーブをたっぷりかけた「オリーブそうめん」を頂く。宿は日本夕日百選に選ばれた「リゾートホテルオリビアン小豆島」。ここでは、ホットストーンエステを満喫。そしてホテルで栽培しているオリーブの葉を入れた風呂で一日の疲れを癒す。 翌日はフェリー、新幹線、高速バスを使って広島県生口島へ。瀬戸田町名産のタコ料理を味わう。瀬戸田町でもう一つの名物である国産レモン。地元のレモン畑から採れたレモンをふんだんに浴槽に浮かべたレモン風呂でゆったりとくつろぐ。

お問い合わせへ

長野県・群馬県

山の幸満喫のキハダ温泉・熊笹蒸し風呂・サルノコシカケ温泉

リポーター: 佐藤弘道ファミリー

開湯1300年と言われ、小林一茶や葛飾北斎などの文化人に愛された湯田中へ。毎月26日には一般客にも開放されるが、通常は地元の鍵を持っている人しか入れない共同浴場を見学。その後、一茶の散歩道へ。散歩道にある「動き岩」や「雨含の松」を見て回る。続いて、バスに乗って10分の地獄谷温泉野猿公苑へ。野生のサルの暮らし見てとれた。 日も暮れ、今宵の宿「清風荘」へ。地元で取れるタケノコや、信州牛に舌鼓。湯はキハダ風呂。古来珍重されてきたキハダをふんだんに使ったお風呂で肌もスベスベ。翌朝は、民間薬として使われてきた熊笹を入れたお風呂にゆっくりつかる。風呂の後、宿を出てバスで移動。渋峠ロマンスリフトで横手山頂ヒュッテへ。日本一高いパン屋さんできめの細かいふっくらしたパンを頂く。山を降り今度は、バスで移動して草津国際スキー場へ。靴のままで気軽に乗れるマウンテンボード・グラススキーをして遊ぶ。 そして、万座温泉へ移動し湯治客が訪れる花の湯温泉へ。サルノコシカケ風呂で効果を実感する。


お問い合わせへ

山形県

バラ・紅花の変わり温泉

リポーター: 藤吉久美子&秋本奈緒美
バラのモニュメントがあるJR奥羽本線村山駅に降り立ち、約7ヘクタールに750品種2万株が栽培されている「東沢バラ園」へ。 園内を満喫したあと、バラ出荷量トップクラスの寒河江市へ向かう。ここで地元に伝わる「板そば」を堪能したり、道の駅にあるチェリーランドでさくらんぼ狩りを体験する。 タクシーで約15分、今宵の宿「ホテルシンフォニーアネックス」へ。予約制のバラ風呂に入り、その香りでリラックスする。 翌日は紅花で栄えた河北町へ。こちらでは紅花染め体験、紅花を乾燥させた「紅花の乱花」を袋につめ浸した「紅花風呂」に入り旅の疲れを癒す。

お問い合わせへ

和歌山県

梅・備長炭の変わり温泉

リポーター: 布施 博
JR紀伊本線南部駅からスタート。梅のトップブランドとして有名な南高梅。その紀州梅を栽培しているみなべ町へ向かう。このみなべ町で梅もぎ体験や梅料理体験教室を満喫。そして2007年にオープン、敷石の代わりに南高梅の種を敷いた宿「浜千鳥の湯・海舟」へ。梅のエキスがしみ込んだ梅樽のお風呂で旅の疲れを癒す。また、白浜の旬の魚を使った海鮮盛りの夕食に舌鼓を打つ。翌日は紀州備長炭の歴史に触れ、備長炭の粉末をパックにして沈めた「炭風呂」に浸り旅を満喫する。

お問い合わせへ

佐賀県

お茶・豆乳の変わり温泉

リポーター: ささきいさお夫妻
日本三大美肌の湯に選ばれている嬉野温泉。嬉野温泉のメインストリート「素肌美人通り」を歩いて行くとシーボルトの足湯があり、旅人を癒してくれる。昼食は温泉湯豆腐を頂く。立ち寄り湯は本館の横に貸切り家族露天風呂棟がある宿へ。受付で自家製豆乳を購入して直径88センチの豪華な有田焼製湯船の風呂へ。 その後、高級日本茶で有名な嬉野茶発祥の地とされる不動山へ向かう。バスで岩屋川へ移動すると多くの茶畑が。こちらは嬉野茶を代表する産地で、多くの茶畑を見ることができる。宿「和楽園」には大きなお茶風呂があり脇に置かれた大きな急須からは、嬉野茶の温泉が出ている。夕食も茶つくしの膳を味わえ、お茶三昧の旅となった。

お問い合わせへ

お問い合わせリスト