土曜スペシャル

放送リストに戻る

ご意見・ご感想

トップに戻る
放送内容
2008年9月13日 人情たっぷり旬の旅 漁師が営む 地魚三昧 穴場の宿
千葉・千倉:

豪華!舟盛り 伊勢エビづくし宿

リポーター: 荻原次晴

荻原がやって来たのは東京から約3時間の南房総市千倉。まずは千倉で一番新しい人気スポット「潮風王国」へ。千倉の港で揚がったばかりのイナダ・キンメ鯛など、新鮮な魚介類が並ぶ。レストラン「はな房」で地魚アラ煮などを頂いた後、今宵の宿「マリンハウス 六治郎」へ向かう。宿のご主人は七浦港にいると聞き、早速向かう。翌、早朝の漁に同行させてもらう約束を取り付けた荻原。 翌日、午前四時。ライフジャケットに身を包み、いざ漁へ。御主人の船に同乗させてもらい、前日仕掛けた刺し網を上げるとカサゴ・ブダイ・サザエ・エビなど豊富な魚種が入っていた。今晩の夕食が楽しみである。 六治郎の夕食のお造りは必ず舟盛りを出すという。伊勢海老とアワビ・メジナなどの舟盛りや、ブダイ煮など盛り沢山の料理をいただく。これで1泊2食10500円。お客様の喜びの顔を見るのが嬉しいと話す六治郎のご家族。荻原も大満足の旅だった


お問い合わせへ

福井・三国:

豪快!日本海一本釣り 絶景の温泉漁師宿

リポーター: 中島史恵
JR福井駅から芦原温泉駅に到着した中島。バスに乗り換えて東尋坊・三国町へ。三国町は北前船で賑わった歴史のある古い町。古い町並みを散策する。町のガイドさんに案内をして貰い、三国海岸に自生する海草『アラメ』を原料にした『荒磯染』を体験する。日本海を臨む三国温泉は、美肌の湯として知られる名湯。海岸線に40軒の宿がある。その中に温泉漁師民宿『ちひろ』がある。中島を迎えてくれたのは宿の女将の益田希穂さん。 『ちひろ』は21年前にオープン。昨年11月にリニュ―アルし、部屋数6室で全室から日本海が見えるオーシャンビューが自慢の宿。釣り名人のご主人・益田収さんに会いに港へ。乗船させてもらい、日本海へ。30分乗って魚場に到着。名人芸の腕を拝見する。まず小アジや鰯を釣り、それらを餌にしてヒラマサ・カサゴ・ハマチ・等を釣る増田名人。中島も大型のヒラメを釣り大喜び。 その後、宿に戻り中島は自慢の温泉で日本海に沈む夕陽を見ながら入浴。1泊2食付きで10000円。家族全員の心温まるもてなしと温泉と魚が旨い人気の宿だ。

お問い合わせへ

宮城・奥松島:

漁師体験・操船体験 格安!地魚づくし宿

リポーター: 宍戸 錠
仙石線の石巻駅に着いた宍戸錠。駅前にある仮面ライダ―の像に怪訝な様子の宍戸。この石巻市は故・石ノ森章太郎氏ゆかりの地。市内のあちこちに石ノ森作品の登場人物像が置かれている。町の人達と楽しく交流しながら宍戸は漁港へ。石巻漁港側の『石巻しみん市場』内の食事処『いさば』で海鮮ラ-メンで腹ごしらえする。ラーメンにマグロのネギトロが入っていて絶品!宍戸も「旨い!」と絶賛。仙石線の野蒜駅に下車し、今宵の宿の経営者であり漁師のご主人が出迎えてくれる。奥松島で30年以上続けている、松島湾の旬の魚を提供してくれる人気の漁師宿。1泊2食付きで7500円~。操船体験や漁船での奥松島絶景めぐりなどの観光案内も旅の楽しい思い出になる。

お問い合わせへ

三重・鳥羽:

露天風呂付き離れ宿 漁師が営む高級旅館

リポーター: 水野久美・水野純一親子
水野久美親子がやって来たのは、三重県鳥羽市。佐田浜港から観光船『いせじ』に乗り鳥羽湾めぐりとイルカ島へ。イルカの可愛らしいショーを堪能する。港に戻り、いよいよ今宵の宿へ。バスに乗り古くから漁師町として栄えた相差(おおさつ)へ。山の中をしばらく歩くと広大な敷地に9棟の離れがある宿が見えてきた。漁師の御主人と元海女の女将が出迎えてくれた。 今夜、水野親子が泊まるのは離れの『風の棟 凪』、1泊2食付30000円の高級漁師宿。和・洋室の寝室、裏には専用の露天風呂がある豪華な部屋。裏庭から広い敷地を下っていくと、プライベートビーチがあり、この宿で働く現役の海女さん2人が潜ってウニ・イワガキ等を獲っている。夕食は、ヒラメ・カンパチ・アワビ・岩ガキなど飛び切り美味しい新鮮な魚介類が中心。2人はその豪勢な料理を堪能する。 早朝5時に漁に出掛けるご主人と息子さん。水野親子も乗船させてもらい、刺し網漁の網起しを体験。朝食はさきほどの獲りたての魚が並ぶ。親子共々大満足の漁師宿だった。

お問い合わせへ

静岡・下田:

アワビ!手さぐり漁 獲りたて海鮮・磯の宿

リポーター: 藤岡 弘、
伊豆急下田駅に降り立った藤岡。早速、下田市内を散策。金目鯛の水揚げ日本一の下田港の名物“金目鯛コロッケ”の店を見つけて試食する。続いて鰹節を販売する創業80年の老舗「山田鰹節店」へ。出汁の取り方などを教えてもらう。続いて下田駅から白浜に行き、海の前にある海女小屋に立ち寄る。ベテランの海女さんたちに話を伺う藤岡。そして、いよいよ今宵の宿『すず福』へ。御主人と女将が磯ものを採りに行くというので同行することに。女将の鈴木容子さんは現役の海女さん。サザエ、アワビ、ウニ等を採る。御主人の和明さんは、仕掛けを使った漁法で磯でショウジンガニ、タコ等を獲る。夕食のお造りはワラサ・金目ダイ・アワビ・アジなど磯物好きにはたまらない新鮮な海の魚貝がズラリと並ぶ。豪華な食事の宿で1泊2食8400円。お得なお値段にも大満足な藤岡だった。

お問い合わせへ

お問い合わせリスト