土曜スペシャル

放送リストに戻る

ご意見・ご感想

トップに戻る
放送内容
2008年11月15日 街道歩き旅 水戸街道 8日間ふれあい珍道中
東京都:1日目(日本橋)~千葉県:2日目(柏)

- 第1区間 ―東京都・日本橋~千葉県・柏 -

リポーター:三田村邦彦
朝、集合場所の日本橋に集まった4人の旅人。
水戸・偕楽園まで約120キロ。1人当たり約30キロのリレー旅がスタートした。
なお、今回はどこに立ち寄り、どこで宿泊するかは、全て旅人本人が、現場で決め、撮影交渉もするルール。
第一の旅人・三田村は、普段から慣れ親しんでいるという東京の下町を観光しながらのんびりペースで。歴史が好きな三田村は、「十思公園」に立ち寄る。その後、雷門で知られる「浅草寺」へ。大勢の観光客で賑わう仲見世通りを歩き、近くのラーメン店「与ろゐ屋」で昼食。その後、芋ようかんを購入。充分楽しんだものの、大きく時間を費やしてしまうはめに。その後、隅田川と荒川を越え金町へ。金町では宿を探すが見つからず、千葉県・松戸市まで進む事に。松戸市に入る際、浅草で購入した芋ようかんをおやつにいただく。そして、松戸駅前のビジネスホテルを確保する。ホテルに隣接する食事処で地元の人と触れ合いながら夕食をとる。
明けて2日目。初日の遅れをまったく気にとめず、またも観光しながらの歩き旅。
まずは松戸の「戸定が丘歴史公園」にある「戸定邸」を見学する事に。その後、市役所前にあった案内看板で発見した「はまの遊園」に向かう。お昼時になり昼食をとろうと市場に到着するが、日曜日で営業しておらず断念。
その後、旧道に入り小金宿の旅籠だった場所の中を見学させてもらう。中にあった貴重な品々をみる事ができ、歴史好きな三田村は 感動。その後駅前にあった牛たんの店「一心」で昼食を頂く。徒歩を再開し今度は柏市に。次の旅人のカイヤのため、駅近くの「柏第一ホテル」を確保する。ここで、東京から駆けつけたカイヤとチェンジし、三田村は帰宅。

お問い合わせへ

千葉県:3日目(柏)~茨城県:4日目(牛久)

- 第2区間 ―千葉県・柏~茨城県・牛久 -

リポーター:カイヤ
柏のホテルからスタートしたカイヤ。地図を見るどころか日本語も得意じゃないという不安な旅。地元の人に柏の観光スポットを聞き込み日本三大弁天の一つ「布施弁天」へ向かう事に。道中、訪ねた民家の庭先で柿を頂く。立派な本堂に圧倒される。また近くにある「あけぼのの山 農業公園」で広大なコスモスの中を散策し、その絶景に感動する。昼食は、うな重をいただく。
うなぎ料理を堪能したカイヤが次に向かったのは茅葺きの家、脇本陣。日本情緒溢れる造りに感動する。
その後、大利根橋を渡り茨城県取手市に。少しでも距離を稼ごうと順調に距離を伸ばすカイヤ、しかし日没後に到着した藤代駅周辺で宿を確保しようとするが全く見つからない。結局、街道を東京方面に逆戻りし、戻った先の取手駅周辺でホテルを確保。
明けて4日目。
前日の疲れを感じさせないペースで歩くカイヤ。途中、藤代大橋を通過し、カイヤが見たかったという牛久沼に到着。そして、「旅館大野屋」を見つけ、次の旅人の沢田に、ここでチェンジ。

お問い合わせへ

茨城県:5日目(牛久)~茨城県:6日目(石岡)

- 第3区間 -茨城県・牛久~茨城県・石岡 -

リポーター:沢田雅美
サポーターを装備し準備は万端の沢田。途中、国道6号沿いで見つけた犬と触れ合う。その後、旧道に入る道を選択した沢田、静観な雰囲気に心癒されながら歩いていると、趣味で農作物を作っているという地元の方に出会い、収穫体験をさせてもらう。生まれて初めての体験に感動する。再び国道6号に戻り歩きだす沢田。お昼時になり地元の人に教えてもらった魚屋さんのご主人が営む和食料理店で、ブリの煮付け定食を頂き、そのタレとブリの厚みに驚愕する。性格的に観光より先に宿を確保したいという沢田、早い時間に駅近くにあるシティホテルを確保する。一度チェックインを済ませた沢田は霞ヶ浦へ。到着した頃には夜になり辺りは真っ暗に…。夕食はホテル近くのめん処でうどんと裏メニューのおにぎりを頂いた。
翌日、土浦のホテルを出発。丁度この日に開催されていたイベント「産業祭」で土浦の名産・れんこんの天ぷらなど多くのお土産を頂く。
街道に戻った沢田は、旧道へ入り松並木沿いを歩く。昼食に選んだのは「山田うどん」のカキフライ。その後、稲吉宿で旅籠だった場所を見学。江戸時代の武士たちが書き残したという落書きを見て感動する。その後、目標だった石岡市に入り駅周辺にあったホテルを確保し、ここで長谷川初範とチェンジ。

お問い合わせへ

茨城県:7日目(石岡)~茨城県:8日目(水戸)

- 第4区間 -茨城県・石岡~茨城県・水戸 ―

リポーター:長谷川初範
ここまでの6日間で進んだ距離は街道上の距離にして約80キロ。残り約40キロ近くもある。
最後は体力のある長谷川が控えているとはいえ、平均を大きく上乗せされた距離。しかも目的地の偕楽園には閉館時間が…。果たして、残り2日で水戸・偕楽園にたどり着けるのか…!?

お問い合わせへ

お問い合わせリスト