土曜スペシャル

放送リストに戻る

ご意見・ご感想

トップに戻る


放送内容
2009年7月18日 必見!356日安い!
お盆でも1万円以下の人気宿
伊豆熱川「うたゆの宿 伊豆南熱川ホテル」




リポーター:泉アキ&娘
伊豆熱川駅から旅をスタートした2人は、早速、熱川の街を散策。昼食は、駅からすぐの「錦」で新鮮な地魚料理を堪能。その後、「茶房&体験工房 さくら坂」でクリアキャンドル体験を楽しむ。そして伊豆熱川駅に戻り、宿の送迎バスで今宵の宿「うたゆの宿 伊豆南熱川ホテル」へ。2人が通された部屋は、伊豆の海が一望できる客室。宿自慢の絶景温泉はなんと畳敷き。その後、“カラオケ”“マンガコーナー”“卓球”などの無料の特典をとことん楽しむ。夕食は実演調理を見ながら、伊豆諸島の幸「明日葉の天ぷら」などがあるバイキングで。その後二人は宿をぶらり出て「熱川遊技場」へ。昔ながらの射的やボール投げを楽しみ、1日目が終わる。2日目は宿で、あじの干物などを楽しめる朝食バイキング。最後は伊豆の海を見ながら、旅は終了。

お問い合わせへ

箱根「フォレスト箱根」




リポーター:小野ヤスシ夫妻
旅のスタートは箱根湯本駅から。箱根登山鉄道に乗り込み、車窓から見えるあじさいを楽しんでいると強羅駅に到着。手打ちそばのお店「春本」で昼食。そして強羅公園に移動し、バラ園を楽しみ、さらに二人は公園内の「クラフトハウス」で、吹きガラス体験をする。そして、バスに乗り今宵の宿「フォレスト箱根」へ。チェックインを済ませ乳白色が特徴の温泉に入ることに。温泉に向かう途中、体育館を発見。他のお客さんと一緒に一汗流す。入浴後、眺めの良い場所にあるマッサージコーナーで寛ぐ。夕食は、ホテルまで送迎に来てくれるごはんと板前料理「銀の穂」で。お腹も心も満たされる。二日目の朝食は和洋食のバイキング。箱根の思い出を振り返り1泊2日の旅を終える。

お問い合わせへ

長野・新宿~白樺湖「白樺湖ビューホテル」




リポーター:島崎俊郎ファミリー
家族水入らずの旅をスタートした4人は、新宿駅から長野県白樺湖へ向け宿直行の往復2000円のバスに乗車。道中「道の駅はくしゅう」で休憩し、のどかな山々を抜け、「白樺湖ビューホテル」にチェックイン。部屋は白樺湖を一望できる和洋室の部屋。そして、宿から無料レンタサイクルで、白樺湖畔を散策。木々の中をサイクリングしていると、「ホープロッヂ乗馬牧場」を発見。昼食にバーベキューを堪能し、乗馬体験も楽しむ。宿に戻り、白樺湖が展望できる温泉を満喫し “無料マッサージコーナー”など館内施設を満喫。夕食は、かに、寿司が食べ放題の和洋食バイキング。翌日、朝食もバイキングを楽しみ、旅は終了。

お問い合わせへ

熱海「ウオミサキホテル」




リポーター:大林素子親子
熱海駅から旅をスタートした2人は、まず熱海の街を散策。すると老舗の干物屋さんを発見。ここで売られている干物は、ランチメニューとして食べられると聞き、二人は干物店直営の「釜つる」へ。地元の海で捕れた干物定食に舌鼓を打つ。その後、「アカオハーブ&ローズガーデン」へ。ここではハーブやバラなどの花を楽しみ、名物“バラアイス”を頂く。そして本日の宿、全室オーシャンビューの「ウオミサキホテル」へ。早速客室へ入った2人の目に飛び込んできたのは、熱海の街並みと熱海港という絶景。無料カラオケコーナーを楽しみ、熱海の夜景を眺めながら露天風呂へ。夕食は和洋中のバイキング。この日はカニ、サザエなどが食べ放題、さらにアルコールも飲み放題!翌日の朝食もメニュー豊富なバイキングを堪能し、大満足の二人だった。

お問い合わせへ

福井・名古屋~あわら温泉「癒しの宿 青雲閣」




リポーター:赤座美代子&李麗仙
2人は、名古屋駅から宿直行のバスに乗り、一路福井県あわら市へ。宿に到着し、まずは風情のある、あわら温泉街を散策。昼食は「そば処 日の出屋」へ。福井名物の、辛味大根をつゆに入れ頂く“おろしそば”を堪能。
そして、あわら湯のまち駅からバスで“北潟湖”を目指す。北潟湖畔公園ではスワンボートを楽しみ、同じ北潟湖畔にある花菖蒲園で、北陸最大の20万本の菖蒲が見られる「北潟湖花菖蒲まつり」を満喫。満開の菖蒲に心も癒された2人。宿に戻り、名湯“あわら温泉”で1日の疲れを癒し、“卓球”や“マッサージコーナー”など、館内の無料施設を満喫する。夕食は、料理の鉄人で有名な大田忠道プロデュースの創作和食善を堪能。2日目は、和洋食のバイキングを食し、旅を締めくくる。

お問い合わせへ

房総 館山~船形~白浜「南国ホテル」




リポーター:吉村明宏夫妻
旅の始まりは千葉・南房総の玄関口「館山駅」から。千葉といえば海の幸、ということで二人はバスで館山市北部にある船形という漁師町へ。海の幸を求めやってきたのは江戸時代から続くという「茂八寿司」。シャリ・ネタともに大きくボリューム満点の寿司に二人は舌鼓を打つ。さらに散策していると「うちわの太田屋」を発見。“日本三大うちわ”の一つ“房州うちわ作り体験”に挑戦。そして目的の今宵の宿へ。二人が訪れたのは、365日1泊2食と様々な無料特典が付いて1名7800円という“南国ホテル”。客室へ向かうと窓からは太平洋が一望。露天風呂に入り一日の疲れを癒す。夕食は和洋中バラエティーに富んだバイキング料理を堪能。食後は特典の「無料カラオケ」でお客さんと大盛り上がり。翌日はチェックアウトまで時間があるので、宿特典の「無料レンタサイクル」で野島埼灯台へ。最後は灯台からの眺めを楽しみながら、旅を終える。

お問い合わせへ

お問い合わせリスト