土曜スペシャル

放送リストに戻る

ご意見・ご感想

トップに戻る


放送内容
2009年9月12日 この秋行きたい!2009年ニューオープンの宿
神奈川・箱根「佳山水」

1泊2食9,800円 特典満載 箱根の穴場宿

リポーター:三ツ木清隆夫妻
箱根湯本駅から箱根登山鉄道に乗り換え強羅駅を目指す。列車に揺られること40分、強羅駅に到着。駅では宿の送迎車がお出迎え。箱根の山道を走り、目的の宿「佳山水」に到着。今年3月にニューオープンした「佳山水」は、山の中腹に建ち自然に囲まれた絶好のロケーション。チェックインした2人は宿の支配人に案内され2階のロビーへ。ロビーからは箱根の名山が一望でき、その絶景に感動する。その後、「箱根湿性花園」へ。咲き誇る花々を愛でながら秋の七草や植生復元区などを堪能する。宿に戻ると、オープン記念プランでもある系列宿の「山田屋」の入浴無料の話を知る。早速お風呂に入るため山田屋へ。三ツ木は寄木細工が壁一面に施された仁兵衛の湯を、奥さんは岩風呂を満喫。
宿に戻り夕食。小田原産の地魚づくしのお造りや宿の裏山で採れた朴葉焼きや箱根山麓豚の陶板焼きに舌鼓。豊富な品数で安価な宿泊料にお腹も心も満たされた2人。食後にはニューオープンサービスのひとつ「華ごころ」のBarでワンドリンクサービスを満喫する。
翌日は宿の近くの喫茶店でデザートやコーヒーを頂き、またその喫茶店がやっているという日帰り温泉を満喫する。格安で穴場をめぐる箱根の旅となった。

お問い合わせへ

静岡・東伊豆「水月」

全室露天風呂付き 伊豆高原 料理自慢の宿

リポーター:山口いづみ&花れん
伊豆高原駅を降りると、送迎車のお出迎え。送迎車に乗り込み5分ほどで「水月」に到着。早く着きすぎたため、「芸術の森散歩マップ」をもらい、荷物を預けて散歩へ。伊豆高原にはガーデニングをしている人が多く、一般の方に開放しているとのこと。そこで、今回「節子ガーデン」という名前の、300坪の敷地に500種類の花が咲いているお庭を見せてもらう事に。二人はたくさんの花を観賞した後、お勧めのランチを教えてもらい、近くにある人気の店「さくら」へと向かう。自慢のローストポークを頂き、二人は宿に戻る。部屋まで案内を受け、露天風呂付きのお部屋に感動。8畳部屋に4畳の寝室。5,6人入れる大きさの風呂からは絶景が広がる。風呂から上がりロビーへ向かうと、大きなマグロが。お宿の社長が自ら釣ってきた本マグロ。釣れた時は、夕食にサービスされると聞く。
夕食は部屋だし。プラス3000円でアップグレードできる夕食をオーダー。松茸の土瓶蒸しにお造り、キンメのしゃぶしゃぶや鮑の蒸し焼きを堪能。
翌日早起きして、伊豆の海から昇る朝日が見られる宿自慢の貸切り露天風呂へ。絶景の朝日に早起きした甲斐があったと感動を胸に、朝食を頂き、チェックアウト。二人にとってのんびり出来た旅となった。

お問い合わせへ

京都・京都市「京町家旅館 さくら」 

超お得 1泊6,300円! 京都町家造りの宿

リポーター:岡まゆみ&渚あき
京都駅から徒歩で宿に向かった2人。途中、新町通で京都らしい町屋や蔵が立ち並ぶ通りを通過、10分ほどで目的の、今年の3月にオープンした「京町家旅館 さくら」に到着。書院造りの部屋へ案内される。京都らしい佇まいの部屋に感動。その後、フロントロビーで宿の支配人に話を伺う。聞くと地元京都の仲間が集い、複数オーナーで経営を始めたとの事。そんな宿のテーマはコンシェルジュサービス。早速、「着物姿で京都散策したい」とお願いする。案内された着物レンタル店までは宿の送迎車で向かう。「ほっこり」は、1日3500円というお得な値段でレンタルしてくれる。西本願寺では10年ぶりに修復工事を終えた御影堂を拝観する。続いて、気軽に出来る本格茶会体験を。
夕食は、9月末まで行われているという鴨川の川床を目指し先斗町へ。路地を入って間もなく宿で勧められた「井ふみ」に到着。安価ながら京都の地の食材をふんだんに使った繊細な夕食に舌鼓を打つ。

お問い合わせへ

静岡・東伊豆「玉翠」

安らぎの庭園露天風呂 伊豆熱川極上海の幸の宿

リポーター:寺泉憲&愛子親子
東京駅から伊豆踊り子号に乗り、伊豆熱川駅に降り立ったのは、寺泉憲親子。今回、寺泉憲さんが親孝行しようとお母さんを招待。二人は迎えの送迎車に乗り込む。走ること5分、「奈良偲の里 玉翠」に到着。
大正3年創業の駅近くにある老舗旅館「玉翠館」とは姉妹館にあたるお宿。里山に囲まれた広大な敷地には日本庭園が広がっている。
チェックインを済ませると、ロビーでは抹茶と和菓子のおもてなし。その後、母・愛子さんは浴衣を選べるサービスを受け、部屋へ。今回泊まる部屋は2階にあり、整備された日本庭園が望める。
夕食まで散歩へ出かけることにした二人。旅館の前でガイドさんに会い、大島、利島、新島を一望できる穴場の絶景ポイントへ向かう。
そして、水の神様が祭られてある水神社へ。そこで滅多にお目にかかれないこの神社自慢の、座り神輿と呼ばれる珍しい神輿を見せてもらう。
宿に戻り、自慢の露天風呂へ。源泉掛け流しの湯量豊富な温泉に入る二人。子供の時以来の母との混浴に少し照れ気味の寺泉。
夕食は料理長渾身の12品。伊勢海老やカジキのお造り。自分で焼いて食べる静岡産和牛などあり、味もボリュームも大満足。
翌日もテーブルを埋めるほどの豪華な朝食にビックリ。親子水入らず、良い親孝行の旅となった。

お問い合わせへ

静岡・伊豆・修善寺「絆」

愛犬と楽しむ 伊豆修善寺癒しの名湯宿

リポーター:原田篤&秋本奈緒美 夫妻
東名高速に乗って、修善寺にあるニューオープンの宿をめざすのは、原田篤&秋本奈緒美夫妻。今回は愛犬のパタヤちゃんも一緒。今回、一行が向かう「伊豆修善寺 絆」は、4月10日にニューオープンしたばかり。愛犬と一緒に楽しめる温泉旅館として、多くのワンちゃん好きが集う。宿に着くと、玄関には源泉100%のワンちゃん専用足洗い場があり、ワンちゃんは、綺麗になってからチェックイン。今回はニューオープン記念ということで、通常1泊2日1人、29,400円~の部屋が、24,400円~と5千円も安く宿泊できる。その後、修善寺の街を散策に出発。桂川に架かる美しい桂橋を渡り、二人が見つけたのは紙切りの店。小さなハサミを使い、目の前でまたたく間に形作られる作品に驚く。二人は旅の思い出に、パタヤちゃんとの作品を切ってもらう。修善寺の町を堪能した2人は、再び宿に戻り、宿内に完備されている屋外ドッグランへ。その後、開湯から1200年の歴史を誇る修善寺で、源泉掛け流しの露天風呂湯を堪能。
夕食は、旬の食材を生かした本格懐石料理を部屋で頂く。パタヤちゃんには、料理長が器から手作りした、ワンちゃん専用の特製夕食が振舞われる。

お問い合わせへ

岐阜・飛騨高山 飛騨花里の湯「高山桜庵」

展望露天風呂と絶品飛騨牛 古都高山のお得宿

リポーター:船戸順&岩井友見夫妻
松本駅からバスに乗込み高山へと向かう。バスに揺られること約2時間20分で高山駅へ到着。歩いて5分程で今宵の宿「高山桜庵」に到着。門の脇には無料の足湯が。ここ「高山桜庵」は今年4月10日にオープンした新感覚ホテル。シティホテルならではの気軽さ、快適さに、和のテイストを取り入れた造り。館内は畳敷きで素足に心地よく、部屋は畳の上に和ベッドを置くモダンな客室。窓からは北アルプスが望める。高山駅からも近く、市街地の真ん中に位置しているので市内観光にも最適。早速2人は最上階にある展望露天風呂で汗を流す。
その後、江戸時代から商人の町として発展した情緒あふれる高山の町並みを散策。しばらく歩くと、白壁の蔵を発見。高山祭りに使う屋台を納めておく蔵で、2人は特別に屋台蔵の中を見せてもらうことに。屋台に施されている細やかな彫刻などを間近で見た2人は、飛騨の匠の技に感動する。さらに散策を続け、さるぼぼ造り体験教室の看板を発見。「ひだっちさるぼぼSHOP」は今年6月17日にオープンしたばかりの店。2人もさるぼぼを作ってみることに。
夕食は飛騨牛の朴葉味噌焼きや、きのこ釜飯など高山の素材を活かした料理の数々を頂く。

お問い合わせへ

お問い合わせリスト