土曜スペシャル

放送リストに戻る

ご意見・ご感想

トップに戻る


放送内容
2010年1月9日 冬の日本列島縦断!
ローカル線 人情ふれあい旅
第1ルート(知床斜里駅~函館駅)


リポーター:熊谷真美
世界自然遺産の町、知床斜里駅をスタート。釧網線に乗り、網走を目指す。
北の大自然を感じようと北浜駅で途中下車、濤沸湖で渡ってくる白鳥に餌をやる。網走では網走監獄を見学。網走からは石北本線で旭川方面を目指す。安国駅で途中下車、この町で森林資源を利用し木のおもちゃを作っている人々と出会い作品を見せてもらう。上川駅で下車、1日目はこの駅の近く層雲峡温泉「ホテル大雪」に泊まる。
翌朝、2月に行われる「氷瀑まつり」の準備風景と出会う。旭川では富良野線で南下することにする。美瑛で途中下車、富良野や美瑛の自然を撮影しているカメラマン黒川さんにこの季節のお薦めスポットに案内してもらい、この季節しか見られない絶景に感動する。富良野駅で根室本線に乗車、新得へ向かう。途中乗り換え駅の落合で町営のカーリング場を発見、小学生のチームにカーリングを教えてもらう。石勝線、室蘭本線と乗り継ぎ苫小牧着、遅いので駅前のビジネスホテルにチェックイン、近くの「郷土料理せきはら」で今の季節が旬のホッキ貝を味わう。
3日目、長万部を目指す。長万部では「カニ市場」で昼食。大沼公園で途中下車し駒ヶ岳を眺める。夜、函館駅着。

お問い合わせへ

第2ルート(函館駅~郡山駅)


リポーター:石丸謙二郎
函館駅をスタート、函館本線、江差線、津軽海峡線で青函トンネルを抜け本州へ。津軽線で青森着。東北本線に乗り換えて浅虫温泉に向かう。陸奥湾を眺めながら温泉を楽しむ。昼食は近所の「鶴亀食堂」で大盛り丼を頂く。再び東北線に乗り込み八戸駅で下車、市場八食センターへ。ここでは買った新鮮な魚介類を七輪スペースで焼いて食べる事が出来る。東北の海の幸を満喫する。八戸線終点の久慈で泊まる事に。「侍の宿きのこ屋」宿泊。翌日、三陸鉄道北リアス線に乗車、三陸海岸の絶景を眺めながら宮古へ。朝食を摂る。三陸鉄道の釜石下車、ここは世界三大珍味のキャビアの養殖場へ。チョウザメの水槽を見る。そして珍味の味見も。気仙沼からフェリーで気仙沼大島へ渡り、亀山荘に宿泊する。翌日、日本三景の松島を経てゴールの郡山に到着。

お問い合わせへ

第3ルート(郡山駅~姫路駅)


リポーター:照英
郡山駅をスタート。磐越西線で会津若松駅下車、風情ある町並みを歩く。昔ながらの店構えの竹細工の店「竹藤」唐人凧を作るご主人と出会い凧作りを見学。昼食は名物、輪箱飯(わっぱめし)を頂く。会津若松から只見線に乗り込み3時間乗車して只見駅で途中下車する。近くの「温泉保養センター」で冷えた体を温める。入浴中の地元の人と触れあう。上越線、飯山線を乗り継ぎ新潟県の十日町に到着、駅前の旅館に宿泊する。
翌日長野駅で篠井線にのりかえ松本へ。町を散策、マジックショップ「風流庵」を発見、店内でご主人のテーブルマジックを見せてもらう。木曽福島ではこの地方独特の漬け物「すんき」の漬け込み最盛期、すんき名人の中村美智子さんに漬け方を見せてもらう。中津川では駅前のイルミネーションを見て車で30分ほどの東山温泉に宿泊する。
3日目、多治見駅でモーニングサービスの朝食。この辺りでは、ゆで卵の代わりに茶碗蒸しがつくという。東海道線で山科駅で途中下車、駅前商店街でシンボルキャラクター「もてなす君」と会う。また町おこしの為に商店街がはじめた競技「やかんカーリング」を体験。神戸で山陽本線に乗り換えゴールの姫路駅へ。

お問い合わせへ

第4ルート(姫路駅~長崎駅)


リポーター:沢田亜矢子
早朝、暗いうちに姫新線に乗り岡山県を目指す。乗り換えの津山駅で散策中、家の外に大きな似顔絵が沢山飾ってある不思議な家を発見し、主に話を聞く。終点の新見駅で特産のイノシシをチャーシューに使った「猪ラーメン」を食べる。三江線の始発駅三次で江戸時代から伝わる三次人形の絵付けをしている工房を訪ねる。
日本化沿いの着駅江津で下車、車で20分ほどの有福温泉に宿泊、旬のアンコウ鍋と美肌効果があるという源泉掛け流しの湯を堪能する。
2日目山陰本線に乗り浜田駅で途中下車、漁港へ行き市場の2階にある「かよちゃん食堂」でさば塩定食の朝食を摂る。美弥線の長門市駅ではギネス記録に挑戦するプロジェクトに参加。山陽本線、鹿児島本線と乗り継ぎ門司港駅へ。国の重要文化財に指定されたレトロな駅舎を見学する。さらに鹿児島本線でようやく北九州の小倉駅に到着。旅館「観山荘」に宿泊 フグ料理を頂く。
最終日日田彦山線で夜明駅へさらに久大本線、鹿児島本線、長崎本線を乗り継ぎ、佐賀県の肥前大浦駅で下車、竹崎漁港へ。今が旬のカキと竹崎カニを食べる。さらに長崎本線で長崎駅で感動のゴール。

お問い合わせへ
お問い合わせリスト