土曜スペシャル

毎週土曜日夜6時30分放送

2010年9月4日放送

青森から新潟  ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい旅

1日目

青森駅前を出発、黒石経由で羽州街道の弘前を目指す。弘前までは順調に進んだが、その先青森県と秋田県の県境にある岩渕公園のバス停から約6キロバスが走っていないことが判明、県境の矢立峠を徒歩で越えることに。秋田県側に歩いたところで、昼食を摂りしばし休憩する。
秋田県の陣場駅に到着。乗り継いで、大館にある秋北バスターミナルへ。先のルートを探すが、なかなか見つからない。
ようやく大館能代空港を経て能代まで行くルートを発見。
一日目は能代泊。

【出演者】太川陽介、蛭子能収、中山エミリ
【ナレーション】キートン山田

お問い合わせリストはこちら

2日目

早朝出発し、男鹿半島の付け根にある五明光に向かう。次のバスまで約1時間半の待ち時間。
バス停近くの農家の庭先で採れたてのスイカをご馳走になる。
男鹿線の船越駅近くで下車、八郎潟と日本海の防潮水門にかかる八竜橋を徒歩で渡り天王駅へ潟上市の市営バスを乗り継いで秋田駅に到着。
本荘を経て松尾芭蕉も滞在し句を詠んだ象潟に到着。この日は先に進めるバスがないので、宿泊することに。日本海の幸に舌鼓を打つ。

お問い合わせリストはこちら

3日目

象潟駅から鳥海山の登山口がある、鉾立に向かう。車中で鳥海山を目指す登山客と触れ合う。標高約1150メートル。目の前に鳥海山が迫り、眼下には日本海が望める絶景を堪能した後、秋田県を離れ、山形県の酒田市へ到着する。
鶴岡、あつみ温泉と順調に羽州街道を南下する。
約2時間の待ち時間を利用し駅前食堂で昼食を摂り、あつみ温泉駅の足湯に立ち寄る。
日本海沿いを鼠ケ関へ。台風が近づいており、海は荒れて風が強くなって来た。
終点、鼠ケ関駅で下車したが新潟の府屋までバスは繋がっていない。悪天候の中、約5キロの道のりをまた歩いて進むことに。
途中、休憩をしながらようやく府屋に到着したが、この先進むバスは既に出てしまっており、ここで宿をさがすことにするが、あいにく台風の影響でどの宿も満室で途方に暮れる3人。
しかたなく、あつみ温泉まで戻り、泊まることに。宿の主人に迎えに来てもらいようやく一安心。けがの功名で温泉に入浴することが出来た。

お問い合わせリストはこちら

4日目

昨夜の府屋までまた宿の主人に送ってもらい、最終日がスタート。
北中は松尾芭蕉が奥の細道の旅で宿を取ったといわれる場所。泊まったのではないかといわれる宿が今でも残っている。が、ここでなんと3時間の待ち時間。新潟県に入っても前途多難、果たして新潟万代橋までたどり着けるのか?

お問い合わせリストはこちら

※掲載している情報は、放送時点のものです。