土曜スペシャル

毎週土曜日夜6時30分放送

2011年7月30日放送

出雲から枕崎までローカル路線バスの旅

1日目出雲~津和野

前回の旅で辿り着いた島根県の出雲から出発。3人は本州を脱出するために下関を目指す。
しかし、出発してすぐに雲行きが怪しくなり、横なぐりの風と大雨に見舞われることに。しかも次に乗り換えるバスの待ち時間は1時間半…。そこで、バス停前あったワカメ工場「香り芽本舗」で雨をしのぐとともに、ワカメ製品の試食をさせて頂くことに。その後、一向に雨足がおさまる様子もなく、バス停で待つわずかな時間でも全身がずぶ濡れになってしまうほど。寒さに耐え、とにかく西へと向かう。途中、益田駅前でなんとか乗り換え、この日の終着地「津和野」に到着。

【出演者】太川陽介、蛭子能収、芳本美代子
【ナレーション】キートン山田

お問い合わせリストはこちら

2日目津和野~博多

風情ある津和野の街を散策後、下関を目指して出発。東萩、秋吉台で乗り換える。この日は、前日の大雨が嘘のように晴天。秋吉台を通過する時のバスからの眺めに3人は感動する。そして、乗り継ぎのタイミングも良く名所観光することなく下関へ。九州へ向かうには関門トンネルを歩くしかないとのことで、下関へ向かう途中の御裳川(みもすそがわ)で下車してトンネルを15分程度歩き、無事九州へ上陸。しかし喜びも束の間、次に乗車する予定のバスの時刻表を見ると、なんと出発したばかり。仕方なく3人は徒歩で門司港駅へ。門司港駅の案内所では次向かう場所の決断ができず、とりあえず大きなターミナルがある砂津(すなづ)へ向かう。そして砂津の案内所で南下が決まり、後藤寺、博多へ。博多に到着したのは夜10時だった。

お問い合わせリストはこちら

3日目博多~松橋産交

この日は、朝から雨。少しでも南下したい3人は、博多から久留米を目指して出発。途中コミュニティバスを乗り継ぎ、筑後川温泉付近の「うきは発着所」で昼休憩。そして、バス停横にあるお肉屋さんの唐揚げで鋭気を養い久留米へ。久留米の案内所で、熊本へ入るには峠を歩くしかないことが判明したため、近くの久留米ラーメンで腹ごしらえをして熊本へ出発する。大雨の中、徒歩で「鹿北道の駅」を目指して約20分。次に乗るバスの出発時間にはなんとか間に合い、とにかく行けるところまで南下する。そして、さらに次のバスに乗り継ぎ、この日の目的地点「松橋産交(まつばせさんこう)」で宿泊。

お問い合わせリストはこちら

4日目松橋産交~

最終日、まだ鹿児島県に入ってないことに焦る3人。松橋産交から7時の始発バスで八代へ出発。八代から水俣へとにかく南下し、鹿児島を目指す。水俣到着時点で時間は昼の12時。そして、水俣で見つけたのは鹿児島空港行きのバス。3人は空港に行けば何かあるに違いないと、鹿児島空港へ大きく迂回することに!果たして3人は、鹿児島枕崎に到着することはできるのか!?

お問い合わせリストはこちら

※掲載している情報は、放送時点のものです。