土曜スペシャル

毎週土曜日夜6時30分放送

2012年4月28日放送

高松~伊勢 ローカル路線バス乗り継ぎ人情ふれあい珍道中

一日目

前回の旅で辿り着けなかった高松駅前から出発。とにかく四国を脱出するため淡路島方面を目指す3人。乗り継ぎの時間がよく、それに気を良くした三人はいきなり大阪を目指す。鳴門駅に着くと淡路島に渡るバスが高速バスのため、大鳴門橋と明石大橋を渡る箇所だけを高速バスに乗り、島内はローカルバスで移動するルールに変更。淡路島はタマネギの名産地で、タマネギの芽が出たばかりの畑を通るコミュニティバス。淡路島を出るころはすっかり日も暮れ、イルミネーションの明石大橋を渡り舞子へ。少しでも東へ進もうと舞子から名谷駅へ。この先の乗り継ぎはないことが分かった3人は宿探しへ。しかしここは新興住宅地。まったく宿がない。再び舞子に戻りホテルを見つけたのだが、あいにくの満室。仕方なく西方向へ向かいやっとの思いで宿を見つけ明日への鋭気を養う。

【出演者】太川陽介、蛭子能収、いとうまい子
【ナレーション】キートン山田

お問い合わせリストはこちら

二日目

名谷駅から出発し、神戸市の総合福祉施設しあわせの村を経由して神戸三宮へ。そこから国道2号線一本で一気に大阪へ。さすがは大都市、大阪駅前は人と車で混雑。さらに次の乗り継ぎバスとバス停を探すのにも一苦労。やっと東へ向かうバスをみつけ、奈良方面を目指す。奈良との県境に近い住道駅に着いた3人。ここから奈良方面に行くには、四条畷駅に行くのがいいと判断する。しかし、その先のバスが無いことに気づき住道駅に戻り、生駒登山口へ。迷った3人を乗せて坂を登るバスは、きれいな夕日に照らされ、3人は少し癒されたよう。生駒登山口からはバスが無いため、徒歩で約2キロ先の住宅街の田原台のバス停へ。夜景がきれいな生駒駅を通過し、奈良駅で宿泊。東大寺の近くに宿を見つけた3人は翌日東大寺を見学して出発することに。

お問い合わせリストはこちら

三日目

朝7時半、東大寺を散策。朝のため辺りは人がほとんどいない。南大門をくぐり大仏殿前の中門へ。開門は8時からのため、しばらく中門から大仏殿の様子を伺い8時と同時に大仏殿へ。一番乗りの誰もいない中での大仏は迫力があり、大感動の3人。その感動を後に伊勢を目指す。天理を経由して三重県は伊賀・名張を経由しようと考え、伊賀の上野産業会館前では近くの「伊賀流忍者博物館」を見学。伊賀上野には太川さんの親せきがいらっしゃるということで、電話でお昼を紹介してもらうことに。紹介されたのは伊賀牛が食べられるお店「もりつじ」。続いて名張駅では名張市の観光名所「赤目四十八滝」を見学。マイナスイオンに癒された様子。名張駅から奥津駅で伊勢に近づこうと考え、奥津経由で家城に到着。本日の乗り継ぎはここまで。近くの宿はまた満室で断られ、周辺の火の谷温泉にあるホテルで宿泊。ホテル近くの定食屋で鹿料理を食べ最終日の作戦を練る。

お問い合わせリストはこちら

四日目

最終日は、あいにくの雨模様。すでに三重県に入っているにもかかわらず、始発で家城を出発。久居駅に着いた3人はその先のルートが見つからず、寒い雨の中ルートを探し悩む。コミュニティバスを乗り継いで何とか松阪に到着。今回は前回の失敗を繰り返さないようなんとか前へ進もうとする三人。名物松坂牛を食べる時間を惜しみ、松阪商人の館を見学するに留め次へ。しかし、松坂の後のバス停から先のバスが無いことに気づいた3人。果たして、3人は無事伊勢神宮までうまく辿り着くことができるのか…!?

お問い合わせリストはこちら

※掲載している情報は、放送時点のものです。