×

水谷・伊藤 男子ペアにストレート負けも「悲観的になることはない。残り3週間やるべきことをやるだけ」五輪へ照準【五輪代表強化試合】

2021.07.03
SHARE
記事をシェア
2021.07.03

水谷隼・伊藤美誠ペア 男子ペアとの異例の対戦 Photo:Itaru Chiba

五輪代表強化試合「2021卓球NIPPON ドリームマッチ」が2日、埼玉県内で行われ、ミックスダブルス、男子ダブルス、男子シングルスの3試合を行った。

混合ダブルス日本代表の水谷隼(木下グループ)/伊藤美誠(スターツ)ペアは吉村真晴(愛知ダイハツ)/有延大夢(琉球アスティーダ)の男子ペアと対決。

およそ4ヶ月ぶりとなったダブルスの試合。伊藤の背後から見事にカバーする水谷。伊藤も見事にカウンターを合わせてポイントを挙げる場面もあったが、男子ペアに0-4のストレートで敗れた。

CHI_4202.JPG

水谷隼・伊藤美誠ペア Photo:Itaru Chiba

試合後、水谷は「良いところがなくて負けてしまった。五輪本番では男子ペアと戦うことはないので今日の試合で悲観的になることはないです。点数的には完敗でしたが男子ペアと混合ダブルスでは戦い方が違うと思うので。自分たちは残り3週間やるべきことをやるだけです」と話し、3週間後に迫った五輪へ照準を合わせる。

伊藤は「自分たちのプレーが出せなかった。もっと思い切ってプレーしないといけない。パワー・攻撃力のあるペアがあまり得意ではないので、今日そういう選手と試合ができたのは嬉しい。自分たちのできることを広げていきたい」と振り返った。


<五輪代表強化試合 混合ダブルス>
水谷隼/伊藤美誠 0-4 吉村真晴/有延大夢
9-11/6-11/8-11/9-11

CHI_4197.JPG

水谷隼・伊藤美誠ペア Photo:Itaru Chiba

CHI_4092.JPG

水谷隼・伊藤美誠ペア Photo:Itaru Chiba

CHI_4104.JPG

水谷隼・伊藤美誠ペア Photo:Itaru Chiba

SHARE

このページを友達にシェアしよう!