×
×
×

女子ダブルスV4を狙う伊藤・早田、東京五輪代表ペア石川・平野らスーパーシードが登場!【全日本卓球】

2022.01.27
SHARE
記事をシェア
2022.01.27

早田ひな・伊藤美誠 Photo:Itaru Chiba

 東京体育館を舞台に連日熱戦を繰り広げる「2022年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)」<1月24~30日>が折り返しを迎えた。

 大会中日の27日には男女シングルスおよびダブルスで「スーパーシード」と呼ばれる選手が登場。スーパーシードとは前回大会でシングルス種目ベスト32、ダブルス種目ベスト16に入った強豪たちだ。卓球界のスターが合流することで会場の雰囲気は一気に華やぐ。

また、本日決勝を迎える混合ダブルスでは優勝ペアが決定。ジュニア男女シングルスでも栄えある優勝者が決まる。

a31523b492a3276b9503d7e2baf84d6571ce7234-thumb-1194x790-28820.jpg

女子ダブルスV4を狙う「みまひな」

 朝一番の女子ダブルス4回戦には世界卓球2021ヒューストン銀メダルペアの「みまひな」こと伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命)が登場する。

昨年のダブルス種目は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止されたため、2020年まで3連覇中の2人は堂々の第1シードからV4を狙う。

 初戦の相手は野村光/小林りんご(桜丘高校)の女子高生ペアで実力差は歴然だが、同種目初戦とあって気は抜けない。

539540eca994dfcc0c470bcc9f2e5b9e7a95f5ba.jpg

 東京オリンピック女子団体銀メダルの「かすみう」こと石川佳純(全農)/平野美宇(日本生命)ペアも初戦を迎える。対戦相手は前瀧初音/吉田優海(ともに愛媛銀行)の社会人ペア。1回戦からすでに3試合し会場の雰囲気にも慣れているペアが相手とあって、石川/平野も心して初戦に臨む。
 
 今大会、リベンジに燃えるのは2年連続準優勝の芝田沙季(ミキハウス)/大藤沙月(四天王寺高校)ペアだ。ダブルス結成から4年目。日頃から同じ拠点で練習に励む2人は今季Tリーグにも日本ペイントマレッツから参戦し単複で活躍する。

芝田が24歳、大藤が17歳の年の差コンビは姉妹のような信頼関係にあり、今大会随一といっていいコンビネーションを武器に念願の全日本初優勝を誓う。

 もう1組、2019年ITTFグランドファイナルで優勝経験のある長崎美柚(日本生命)/木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)ペアも優勝候補の一角。順当に勝ち進めばベスト8決定戦で石川/平野ペアと対戦する組み合わせだ。

■2022年全日本卓球選手権 試合日程・各種目ドロー

SHARE

このページを友達にシェアしよう!