×
×
×

みまひな 史上最多タイのV4!伊藤「たくさんの方の前で試合できて楽しかった」早田「自分たちがやってきたことは間違ってなかった」【全日本卓球】

2022.01.29
SHARE
記事をシェア
2022.01.29

伊藤美誠・早田ひな Photo:Itaru Chiba

「2022年全日本卓球選手権大会」<1月24~30日/東京体育館>大会6日目の29日、女子ダブルス決勝で伊藤美誠(スターツ)/早田ひな(日本生命)が、宋恵佳/成本綾海(ともに中国電力)をゲームカウント3-1で下し、史上最多タイの4連覇となる優勝を飾った。

試合後インタビュー

Q.全日本女子ダブルス、歴代最長記録に並ぶ4連覇です

伊藤:去年ダブルスがなくて、いま世界選手権と全日本選手権という2大会をやり通して、本当に1人1人の強さが上がっているので。女子ダブルスでも安心感があるというか。

もちろん今日の決勝戦も1ゲーム目と3ゲーム目がすごい接戦で、本当にどちらが勝ってもおかしくない試合でしたけど、最後の苦しい中でどう1本取るかがすごくできるようになったので、やっていて安心感はありました。

Q.第1ゲームと第3ゲーム、見事な逆転でした

早田:相手のペアは赤マットで色んなボールが入ってきたりとか、自分たちが予想できないボールが入ってくる可能性があると思っていたので。

その中で自分たちが最後しっかり調整して、自分たちを見失わずに試合できたことが勝因かなと思います。

Q.去年は世界選手権で準優勝という結果が出ました。その中で全日本のタイトルというのはどう感じていますか

早田:先日行われた世界卓球ではやっぱり悔しさの方があって、悔しさからの課題への取り組みだったりとか。年始も2人でダブルスの練習を全日本に向けてさせていただいたり...

この全日本に向けて世界卓球の反省を生かして、また一から頑張ろうっていう気持ちで臨んできたので、こうやって優勝できたことはすごくよかったなと思いますし、自分たちがやってきたことは間違ってなかったのかなと思います。

Q.国内の卓球ファンの皆さんの前では久しぶりのプレーだったと思います

伊藤:本当に久しぶりにあのたくさんの方の前で試合できて、なんかちょっと戻ったなと言うか、やっぱ楽しかったですね。たくさんの方の前で、久々に拍手を聞いて、すごく嬉しかったです。

その中でしっかり勝つことができて、いい瞬間を皆さんと一緒に味わえたかなっていう風に思うので、やっぱり有観客っていいなって改めて思いました。

Q.明日はお2人ともシングルスがまだ残っています

伊藤:明日は木原選手と対戦するんですけど、まず目の前の試合、自分の力を出し切る。そして勝ちに行くっていう思いでやっていきたいと思います。頑張ります。

Q.そして早田さんは三冠が懸かります

早田:三冠がかかっているということは本当に今でも信じられないんですけど。

明日の試合は、いま勢いに乗っている加藤選手との試合で、やっぱり苦しい試合になると思います。最後までしっかり自分を信じて、自分に勝ちきる気持ちで頑張っていきたいです。

CHI_4050.JPG

伊藤美誠・早田ひな Photo:Itaru Chiba

■2022年全日本卓球選手権 試合日程・各種目ドロー

SHARE

このページを友達にシェアしよう!