Introduction
Story
Cast
Staff
Official Site

 

 

恋の門


Story
蒼木門(松田龍平)は、石で漫画を描く自称「漫画芸術家」である。貧乏な上に、ハタチを過ぎてもまだ童貞だった。
門は辛うじてありついたバイト先の「ウレシー商会」で、その日の朝にヘンな出会い方をした証恋乃(酒井若菜)と再会するが、歓迎会で嫌味な社員にからまれキレた末、逆にボコボコにされてしまう。帰り道、付き添った恋乃は自分から門を部屋に誘い、二人は激しいキスをかわす。
翌朝、目が覚めたら門は奇妙な格好をさせられていた。恋乃はコスプレーヤーで、剣術格闘ゲーム『ソウルキャリバー』の熱狂的なファン。衣裳を手作りし、自らは美少女キャラ「シャンファ」に扮し、「ホン・ユンスン」が似合うボーイフレンドを求めて、少なからず男性遍歴を重ねていたのだ。早速ゲームに興じる二人。が、ゲーム画面のグルグルに慣れない門は、恋乃が大切にする衣裳に吐いてしまう。激しく落ち込む恋乃。懸命に謝る門。気を取り直した恋乃は「ノイコ」名義で漫画の同人誌を17冊自費出版し、コミケと通販で売って、1千万円近く稼いでいる、と豪語するではないか。
同じ漫画家としてショックを受けた門は、「ホン・ユンスン」のコスプレをしたまま走って逃げる。門は、地方では有名な日本画家である父(大竹まこと)に反発し、2年で漫画で有名になると家を出てきたのだ。

恋乃は「ホン・ユンスン」の衣裳を返してもらい、門が大切にしていた石を返すために、門が置いて行った荷物の中にあった葉書を頼りに、アパートを訪ねる。そこは浴衣の男(忌野清志郎)をはじめ不思議な人々が住むレトロなアパートで、オマケに門の部屋は石だらけであった。
門は石で描いた漫画の批評を恋乃へ求める。解らないなりに必死に答えようとする恋乃。その姿に門は欲情し、恋乃を抱こうとするが、あの出会いの夜に二人が結ばれなかったことを打ち明けられる。そして、アニメソング界の人気者・安部セイキ(皆川猿時)様のファンの集いに参加して、「あたしのことをもっと知って欲しい」とせがまれる。
門は一泊ツアーの費用28,000円也を捻出するために、漫画バー「ペン」のバイトに志願する。ところが、マスターの毬藻田(松尾スズキ)から石で描いた漫画に対して厳しい批評を受ける。「恋人を愛しているなら、今すぐこんな馬鹿げたものを作るのはやめて、まともな職を探せ」と。しかし、門は「俺は恋人も漫画もあきらめない」と見得を切り、その日、二度目の逃亡をする。

 

| introduction | story | cast | staff |