Little DJ
Introduction
Story
Cast
Staff
Official Site
Little DJ
Cast
■神木隆之介(高野太郎)
1993年5月19日生まれ。1995年にCMでデビュー。主なTVドラマ出演作としては、「グッドニュース」(1999/TBS)、「Dr.コトー診療所」(2003/CX)、「あいくるしい」(2005/TBS)、大河ドラマ「義経」(2005/NHK)など多数。現在は、連続テレビ小説「どんど晴れ」(2007/NHK)、「探偵学園Q」(2007/NYV)に出演中。主な映画出演作として2003年『踊る大捜査線THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(監督/本広克行)、2004年『お父さんのバックドロップ』(監督/李闘士男)『インストール』(監督/片岡K)など。2005年には『妖怪大戦争』(監督/三池崇史)で主演を務め、29回日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞。また、声の出演としては2001年『千と千尋の神隠し』2004年『ハウルの動く城』(共に監督/宮崎駿)などに出演。2007年は5本の映画に出演。『大日本人』(監督/松本人志)、『ピアノの森』(監督/小島正幸、雨宮修平役<声の出演>)、『遠くの空に消えた』(監督/行定勲、主演:楠木亮介役)、『アーサーとミニモイの不思議な国』(監督/リュック・ベッソン、主人公アーサー役<声の出演>/9月22日公開)。
official web site www.amuse.co.jp/artist/Ryunosuke_Kamiki/profile.html
■福田麻由子(海乃たまき)
1994年8月4日生まれ。1998年に俳優デビュー。2004年「ラストプレゼント〜娘と生きる最後の夏〜」、2005年「女王の教室」、2006年「白夜行」、2007年「演歌の女王」など数多くのTVドラマに出演。主な映画出演作品は、2004年『下妻物語』(監督/中島哲也)、2005年『同じ月を見ている』(監督/深作健太)、2006年『日本沈没』(監督/樋口真嗣)などがある。今年夏に公開されたアニメ映画『ピアノの森』(監督/小島正幸)では、神木隆之介と再び声の共演を果たした。また2008年には、2本のヒロインを含む計3本の映画の公開も控えている。
official web site www.flamme.co.jp
■広末涼子(FMディレクター、大人になった海乃たまき)
1995年のデビュー後、NTTドコモポケベルCMで一躍有名に。ドラマ、CM、音楽、映画など、幅広く活躍。1997年『20世紀ノスタルジア』で映画主演デビュー。1999年には、高倉健と共演した『鉄道員(ぽっぽや)』(監督/降旗康男)、2002年には名優ジャン・レノと共演した日仏合作『WASABI』(製作/リュック・ベッソン)といった話題作の他、今年は『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』(監督/馬場康夫)にも出演。また、12月からは、演出家・野田秀樹による舞台NODA・MAP弟13回公演「キル!」に出演する。また、2008年秋には映画『おくりびと』が公開予定。
■佐藤重幸(太郎の担当医、若先生)
1973年11月7日生まれ。北海道を中心に活動する、人気演劇ユニット「TEAM NACS」に所属。2005年、「COMPOSER」で全国11都市を回り、今年の3月〜5月、『HONOR』で東京・大阪・札幌の三大都市公演を成功させ、4万8千人を動員。映画では、『river』(監督/鈴井貴之)『ハウルの動く城』(監督/宮崎駿)『銀のエンゼル』(監督/鈴井貴之)『エンマ enma』(監督/長江俊和)に出演。最近では、CXドラマ「1リットルの涙」「サプリ」にレギュラー出演し、舞台「びっくり箱―姉妹編―」「宝塚BOYS」に客演するなど、活躍の幅を広げている。
■村川絵梨(太郎の叔母で、担当看護師のかなえ)
1987年10月4日生まれ。2002年、女子4人組グループ「BOYSTYLE」としてデビュー。2005年10月から放送のNHK朝の連続ドラマ小説「風のハルカ」のヒロイン、水野ハルカ役に抜擢され、注目を浴びる。映画初主演は『ロード88〜出会い路、四国へ』(2004年)。2007年7月には、東京セレソンDX公演「歌姫」(脚本/サタケミキオ)のヒロイン役で初舞台を踏み、高評価を得る。12月1日公開予定の『椿三十郎』(監督/森田芳光)では、時代劇にも初挑戦している。
■松重豊(太郎と同室の入院患者、捨次)
1963年1月19日生まれ。明治大学演劇学科入学後から、東京サンシャインボーイズの初期の作品に出演。卒業後3年間、蜷川スタジオに在籍し、舞台を中心に活動する。その後、映画やドラマに進出。主なTVドラマ出演作は1997年「踊る大捜査線」、1999年「蘇える金狼」、2006年「ブスの瞳に恋してる」など。主な映画出演作は、1998年『リング』(監督/中田秀夫)、2004年『血と骨』(監督/崔洋一)、2006年『悲しき天使』(監督/大森一樹)『愛の流刑地』(監督/鶴橋康夫)など。今年公開の映画は本作の他に『しゃべれどもしゃべれども』(監督/平山秀幸)『SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ』(監督/三池崇史、9月15日公開)『太陽の傷』(監督/三池崇史)『転々』(監督/三木聡)など、テレビはNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」(平成19年度後期)に出演。
■村川絵梨(太郎の叔母で、担当看護師のかなえ)
1987年10月4日生まれ。2002年、女子4人組グループ「BOYSTYLE」としてデビュー。2005年10月から放送のNHK朝の連続ドラマ小説「風のハルカ」のヒロイン、水野ハルカ役に抜擢され、注目を浴びる。映画初主演は『ロード88〜出会い路、四国へ』(2004年)。2007年7月には、東京セレソンDX公演「歌姫」(脚本/サタケミキオ)のヒロイン役で初舞台を踏み、高評価を得る。12月1日公開予定の『椿三十郎』(監督/森田芳光)では、時代劇にも初挑戦している。
■光石 研(太郎と同室の入院患者、結城)
1961年9月26日生まれ。1978年『博多っ子純情』(監督/曽根中生)で映画デビュー。以来、名バイプレイヤーとして活躍し、1996年『ピーター・グリーナウェイの枕草子』、1999年『シン・レッド・ライン』(監督/テレンス・マリック)と海外作品に出演して話題に。今年は、『それでもボクはやってない』(監督/周防正行)を皮切りに、『めがね』(監督/荻上直子、9月22日公開)、『未来予想図』(監督/蝶野博、10月6日公開)、『サッド・ヴァケイション』(監督/青山真治)などの出演作が公開に。また2008年春公開予定の『死神の精度』(監督/筧昌也)が待機中。テレビでは人気ドラマ「時効警察」シリーズやNHK大河ドラマ「風林火山」など、幅広く活躍している。
■小林克也(太郎が憧れるDJ・尾崎誠)
1941年3月27日生まれ。小学生の頃からラジオの英語放送を聞き、独学で英語力を身に付け、1970年にラジオ番組「バブリング・ポップス」でDJデビュー。1976年に俳優の伊武雅刀、選曲家の桑原茂一の3人で始めた「スネークマン・ショー」(ラジオ大阪)や、1980年から始まった洋楽紹介番組「ベストヒットUSA」(テレビ朝日)で一時代を築く。現在、9時間生放送の「ファンキーフライデー 」(NACK5)や「小林克也のPOP MUSIC MASTER」(TOKYO FM)、復活した「ベストヒットUSA」(BS朝日)などで、こだわりの洋楽を紹介。名実共に日本のラジオDJ界の第一人者であり、テレビのナレーション、ミュージシャン、俳優としても幅広く活躍している。
■西田尚美(太郎の母、ひろ子)
2月16日生まれ。モデルから女優に転身した後、透明感のある存在で映画、ドラマ、CMなど、幅広く活動している。映画デビューは1995年『ゲレンデがとけるほど恋したい』(監督/廣木隆一)。1997年『ひみつの花園』(監督/矢口史靖)で日本アカデミー新人賞を受賞し、2000年『ナビイの恋』(監督/中江裕司)で第22回ヨコハマ映画祭助演女優賞を受賞。以後、2002年『OUT』(監督/平山秀幸)、2003年『幸福の鐘』(監督/SABU)、2004年『スウィングガールズ』(監督/矢口史靖)、2006年『ハチミツとクローバー』(監督/高田雅博)やTVドラマでは「ホテリアー」、NHK大河ドラマ「風林火山」等に出演。今年は本作の他にアニメ映画『河童のクゥと夏休み』(監督/原恵一<声の出演>)、『夜の上海』(監督/チャン・イーバイ、9月公開)、『未来予想図』(監督/蝶野博、10月6日公開)、『クライマーズ・ハイ』(監督/原田真人)の作品が待機中。
■石黒賢(太郎の父、正彦)
1966年1月31日生まれ。1983年にドラマ「青が散る」で主演デビュー。プロ級の腕前のテニスを披露して、都会派の青春スターとして人気を獲得する。映画デビューは1986年『めぞん一刻』(監督/澤井信一郎)。ドラマを中心に活動していたが、近年は2000年『ホワイトアウト』(監督/若松節朗)2005年『ローレライ』(監督/樋口真嗣)2006年『LIMIT OF LOVE 海猿』(監督/羽住英一郎)など、アクション映画を引き締める存在として活躍している。今年は本作の他に『未来予想図』(監督/蝶野博、10月6日公開)『ミッドナイトイーグル』(監督/成島出、11月23日公開)に出演している。また『花影』(監督/河合勇人)『海風に吹かれて-Hokkaiso-』(監督/サトウトシキ)の作品が待機中。
■原田芳雄(大先生)
1940年2月29日生まれ。1966年俳優座に入団し、翌年「どれい狩り」で初舞台。1968年映画『復讐の歌が聞こえる』(監督/貞永高久)で主演デビュー。以後、1975年『祭りの準備』(監督/黒木和雄)、1980年『ツィゴイネルワイゼン』(監督/鈴木清順)、1990年『どついたるねん』(監督/阪本順治)など、重厚な存在感と、表現力豊かな声が多くの監督に愛され、これまでに100本以上の映画に出演している。今年は本作以外に、『オリヲン座からの招待状』(監督/三枝健起)がある。また、熱心な鉄道ファンとして知られ、人気鉄道コミックのアニメ版「鉄子の旅」(CS/ファミリー劇場)ではオープニングナレーションを担当している。

|introduction|story|cast|staff|official site|