Mission09: 2号のボス


アンニョンハセヨ
挨拶はハグがいいです ハグ社長2号イムニダ

どうですか、URAKARA、いいドラマだと思いませんか?
皆さんはURAKARAをOMOTEKARAみてるわけですが、
そろそろ知りたくありませんか?
URAKARAをURAKARA。

あれ?そうするとウラのウラだからオモテになってしまいますね。
URAKARAのオモテを見るって事は、普通にURAKARAを見てもらうって・・
嗚呼!ややこしい!


このドラマ、実は監督が2人いるんです。
通常1クールドラマだと監督3人態勢の持ち回りで担当したりしますが、
今回は仁木Dと石井Dが2人3脚で奮闘しています。
各話のエンドロールを観て頂けると、どちらの監督が演出しているか分かるので、
そういった視点で作品を観直してみるとスタイルの違いが確認できると思います。

観直すには、DVDが便利ですね。
あれ?そういえばURAKARのDVD、発売決定したんですか?
これは是非Getしたいですねぇ。
ワタシも、撮影現場でメイキング用のカメラを担当O沼氏から奪い取り、いろいろ撮りましたからね。
どんな特典映像があるかまだわかりませんが、自分自身の記念としてもGetするつもりです。
少なくとも、ジェームスディーン張りのワタシの素顔と、
森山周一郎さん張りの甘い生声は確実に確認できる事うけあい!

特典映像でワタシが見れるのも、全ては計算通り・・・・?


ワタシ2号の本当のボス、仁木監督はハスキーボイスのナイスミドル。


「一度は被りたかったんだよね」
なんなら毎回被って下さい。その代わりワタシが監督をやりますので。



最近、どうも巨匠黒澤に見えてしまいます。
「やっぱり、韓国語勉強しないとなぁ」
と撮影当初言ってましたが、継続してるのかどうかは不明。



甘いマスクと男らしい美声の持ち主、石井監督。
彼の「ヨォ~イ、アクション!」と「ハイ、カットゥ~!」はとても力強く、
現場を一瞬で納得させます。

2011/3/8