過去の放送内容

バックナンバー一覧はこちら

4月20日(金)放送

~名湯・秘湯をめぐる癒し旅~

乗り物満喫!箱根ゆるり旅

今回は、レッド吉田さんが近場の人気観光地、箱根の乗り物と行楽地をめぐる旅。登山鉄道とケーブルカーを乗り継いで芦ノ湖へ、そして遊覧船で元箱根というコースで春の箱根を満喫します。

特急ロマンスカー
<箱根湯本駅> 住所:
神奈川県足柄下郡箱根町湯本707-1

新宿駅~箱根湯本駅
約1時間25分

箱根登山電車(箱根湯本)
<箱根登山鉄道鉄道部> 電話番号:
0465-32-6823
住所:
神奈川県小田原市城山1-15-1 小田急箱根ビル

1919年(大正8)に箱根湯本駅~強羅駅間、1935年(昭和10)に小田原駅~箱根湯本駅間が開通。全長15km。標高差約527mを一気に駆け上がる山岳鉄道で、急勾配を登るためスイッチバックを繰り返し、88ヵ所のカーブ、13ヵ所のトンネルとおよそ26ヵ所もの鉄橋を渡る。6月中旬~7月中旬はあじさい電車が運行。沿線にはおよそ1万株のあじさいが咲き乱れ、箱根の初夏の風物詩となっている。

箱根登山ケーブルカー(強羅)
<箱根登山鉄道鉄道部> 電話番号:
0465-32-6823
住所:
神奈川県小田原市城山1-15-1 小田急箱根ビル

1921年(大正10)に開通した、強羅駅~早雲山駅間を結ぶケーブルカー(大人 410円)。標高差208m。距離は1.2kmあり、所要時間9分。途中に公園下駅、上強羅駅など4つの駅がある。車両はスイスのフォンロール社製。赤と白のラインが入り、景色がよく見えるように窓も大きい。強羅から乗るなら、1番後ろの座席がいい。高度を稼ぐごとに眼下には強羅の町並みがあり、目の前には明星ケ岳の雄姿が広がる。
営業時間:7:41~19:05(15~30分間隔運転)。
無休

箱根強羅温泉 けやき荘(強羅)
<箱根強羅温泉けやき荘> 住所:
神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300-120

箱根の高台に位置するけやき荘からは箱根外輪山を一望できる。庭園には5つの貸切露天風呂があり、幻想的なひと時を満喫。お食事は見た目にも美しい箱根強羅会席膳。日帰り温泉(昼食付き)もある。箱根中強羅駅徒歩2分。

箱根ロープウェイ(早雲山)
<箱根ロープウェイ> 電話番号:
0460-82-3052
住所:
神奈川県足柄下郡箱根町

2007年に全線(桃源台~早雲山)最新式ロープウェイで営業が開始され、高い安定性と快適な乗り心地を提供。全長約4,000mで観光用ロープウェイとしては世界有数の長さを誇っている。空からは、富士山や芦ノ湖のほか130mの高さからの大涌谷を見渡せる。
営業時間:8:45~17:15
無休
早雲山~桃源台
約25分

網元おおば(元箱根)
<網元おおば> 電話番号:
0460-84-8984
住所:
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根162-18

芦ノ湖の網元直営店。毎朝主人が芦ノ湖で獲った魚が味わえる。フライ、天ぷら、南蛮漬けのなかから、わかさぎの調理法をチョイスできる、わかさぎ定食(1,700円)が人気メニュー。料理以外では、生の果物や野菜をソフトクリームと合わせたブレンドソフトクリーム(コーン 380円/カップ 300円)が、素材の味を楽しめると評判。
営業時間:10:00~17:00
不定休

箱根芦ノ湖遊覧船(元箱根)
<箱根船舶営業所> 電話番号:
0460-83-6351
住所:
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根45-3

神奈川県箱根町の芦ノ湖上、箱根観光の旅客輸送を行なう船。湖尻港から箱根園港、関所跡港、元箱根港までを結ぶ航路のほか、湖尻港・箱根園港と関所跡港・元箱根港からそれぞれ湖上を周回して元の港に戻る周遊船も運航している。

箱根丸山物産 本店(箱根)
<箱根丸山物産 本店> 住所:
神奈川県足柄下郡箱根町箱根17

パズル式になっていて、手順通りに動かさないと開けることができない「秘密箱」(ひみつ箱)や、木象嵌など、日本の伝統工芸品である「箱根寄木細工」を販売。
営業時間:9:00~17:00
無休

四季の湯座敷 武蔵野別館(宮ノ下)
<四季の湯座敷 武蔵野別館> 住所:
神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下425-1

渓谷に佇む3,000坪の湯殿「四季の湯座敷」。3種の貸切露天は全て無料で豊富な自家源泉を堪能できる。ほのかなお香、絣の浴衣、畳の廊下に白足袋など、日本の情緒を大切にした“隠れ宿”。

※掲載している情報は、放送時点のものです。