過去の放送内容

バックナンバー一覧はこちら

7月13日(金)放送

~名湯・秘湯をめぐる癒し旅~

赤湯公衆浴場めぐりの旅

山形の名湯赤湯温泉。この古くから知られる温泉をミスターちんさんが山崎まゆみさんのナビゲートで旅します。今回は温泉を味わい尽くす、ということで4つの公衆浴場全てを制覇するのが旅の目的。地元の人々に愛される赤湯の温泉を満喫します。

山形新幹線
<赤湯駅> 住所:
山形県南陽市郡山番外地

東京駅~赤湯駅
約2時間30分

とわの湯(赤湯温泉)
<とわの湯> 電話番号:
0238-40-2923
住所:
山形県南陽市赤湯392

昭和18年に作られた、現在の赤湯の公衆浴場で最も古い浴場。かつては最も大きな浴場だった。
定休日:月曜
入浴料:大人 100円

烏帽子の湯(赤湯温泉)
<烏帽子の湯> 電話番号:
0238-40-2926
住所:
山形県南陽市赤湯356-2

烏帽子の形をした浴槽が特徴的で独自の源泉をひく公衆浴場。
定休日:金曜
入浴料:100円

烏帽子山公園(赤湯温泉)
<烏帽子山公園> 住所:
山形県南陽市赤湯1415
<南陽市観光協会> 電話番号:
0238-40-2002
住所:
山形県南陽市郡山番外地

明治時代に地域有志の力で作られた公園。米沢盆地を一望できる地にあり、千本桜と松や楓がバランスよく配置され、春の桜、夏の緑陰、秋の紅葉と四季の景観と眺望を楽しむことができる。烏帽子山八幡宮等も隣接。

赤湯元湯(赤湯温泉)
<赤湯元湯> 電話番号:
0238-40-2925
住所:
山形県南陽市赤湯754-2

大湯と丹波湯を1つにし平成20年10月にオープン。2つの源泉が楽しめる。
定休日:水曜
入浴料:200円

龍上海(赤湯温泉)
<龍上海> 電話番号:
0238-43-2952
住所:
山形県南陽市二色根6-18

赤湯のご当地ラーメン、赤湯ラーメンの発祥の店。ラーメンにトッピングされた辛みそを溶かしながら食べる。

あずま湯(赤湯温泉)
<あずま湯> 電話番号:
0238-40-2924
住所:
山形県南陽市赤湯2956-7

建設当時、田んぼの真ん中に建てられ、吾妻山が真正面に見えたことから、この名が付けられた公衆浴場で最も熱い湯が特徴。
定休日:木曜
入浴料:100円

上杉の御湯御殿守(赤湯温泉)
<上杉の御湯御殿守> 住所:
山形県南陽市赤湯989

以前は上杉家の別荘だった宿。趣向を凝らしたさまざまな浴槽で赤湯の湯を満喫できるのはもちろん、上杉家の資料を集めた史料館等もある。

※掲載している情報は、放送時点のものです。