うずまきボルト

うずまきボルト

CV:三瓶由布子

うずまきボルト

里のリーダーである七代目火影・うずまきナルトの息子。
破天荒な性格で、すぐ授業をサボったりと不真面目だが、実は天才肌で誰よりも友達想いという優しい面を持つ。
忙しすぎるナルトの事を嫌っていて度々衝突。
“七代目の息子”というレッテルを跳ね除けて「オレはオレの道を行く」と心に決めている。

▲ ページトップ
うちはサラダ

うちはサラダ

CV:菊池こころ

うちはサラダ

ボルトと同級生の女の子。 ボルトの父・ナルトとサラダの母親が顔見知りで、昔からボルトとは知り合い。
なのだが…ボルトの事を“バカ”だと思っていて、仲はよくない…?
父親はずっと旅をしており、会ったことがない。

▲ ページトップ
ミツキ

ミツキ

CV:木島隆一

ミツキ

突然ボルト達の前に現われた謎の人物。
忍者学校(アカデミー)に転校してきてボルトと同じクラスになる。
顔はイケメンだが世間知らずで、突拍子のない行動を取ってみんなを驚かせることもしばしば。
ボルトの周りで起こった事件と関係が…?

▲ ページトップ
奈良シカダイ

奈良シカダイ

CV:小野賢章

奈良シカダイ

ボルトの親友。
忍者学校(アカデミー)に入る前からの付き合いで、いつもボルトとつるんでいる。
ボルトのいたずらに付き合う事もしばしば。
「めんどくせー」が口癖でいつもやる気がない、のだが…実はかなりの頭脳の持ち主で、その知略で度々ボルトを助ける。

▲ ページトップ
山中いのじん

山中いのじん

CV:阿部 敦

山中いのじん

ボルトの幼馴染。
口が悪くいつも嫌味を言うのだが、なぜか憎めない。
絵を描く事が好きで、巻物に描いた絵を実体化させる“超獣偽画(ちょうじゅうぎが)”という忍術の使い手。

▲ ページトップ
秋道チョウチョウ

秋道チョウチョウ

CV:白石涼子

秋道チョウチョウ

ボルトの同級生で、サラダと仲のいい女の子。
いつも“ポテチ”を食べていて太っているがイケメンが大好き。そして超ポジティブ。
かなりの自己中で、自分はかなりイケてる女、だと思っている。

▲ ページトップ
雷門デンキ

雷門デンキ

CV:一木千洋

雷門デンキ

忍者学校(アカデミー)入学式の日に、ボルトが出会った少年。不良たちに絡まれているところをボルトに助けられた。
オドオドしていて大人しそうな性格だが、実はこの国一の大企業、雷門カンパニーの息子で超金持ち。
ボルトに助けられたことで、忍者を目指すことになる。

▲ ページトップ
結乃イワベエ

結乃イワベエ

CV:浜添伸也

結乃イワベエ

忍者学校(アカデミー)を卒業できず留年したボルトたちより一つ上のクラスメイトで、不良のような言動で皆から恐れられていた。
留年したとは言え、忍術に関しては学年トップ。しかし勉強は全くダメ。
実は七代目火影に憧れていて、ボルトと戦う事によって心を開いた。

▲ ページトップ
メタル・リー

メタル・リー

CV:西谷 亮

メタル・リー

真面目で超熱血なボルトのクラスメイト。毎日修業に明け暮れていて、その実力は相当なもの。なのだが…、実はメンタルが弱く、緊張すると何をやってもダメダメ。
逆立ちで里を一周するなどとんでもない修業をこなす、体術系忍者。

▲ ページトップ
筧スミレ

筧スミレ

CV:遠藤 綾

筧スミレ

ボルトのクラスの委員長。しかしボルトを始め、個性的なクラスメイトたちにいつも振り回されている。
びっくりしたりピンチになると言ってしまう「はわわ…!」が口癖。

▲ ページトップ
うずまきナルト

うずまきナルト

CV:竹内順子

うずまきナルト

木ノ葉隠れの里のリーダー、七代目火影であり、かつてあった戦争を終結させた忍の英雄。
争いだらけだった忍の世界に平和をもたらした。
しかし破天荒なボルトの扱いにはタジタジ。
育て方を間違ったかもしれない、と息子の事で悩んでいる。
眠る時間が無いほどに忙しく、毎日里の中を駆けずり回っている。

▲ ページトップ
うずまきヒナタ

うずまきヒナタ

CV:水樹奈々

うずまきヒナタ

ボルトの母親。かつてはナルトと同期のくノ一だった。
普段は優しいが怒ると誰よりも怖い、らしい。
授業を真面目に受けない破天荒なボルトの事を心配していて、時々説教をすることも。
“白眼(びゃくがん)”という瞳力の使い手。

▲ ページトップ
うずまきヒマワリ

うずまきヒマワリ

CV:早見沙織

うずまきヒマワリ

ボルトの妹。
父親であるナルトがあまり家に帰って来ないため、寂しいと思っている。
その反面、自分に優しく、一緒に遊んでくれるお兄ちゃんであるボルトが大好き。

▲ ページトップ
うちはサスケ

うちはサスケ

CV:杉山紀彰

うちはサスケ

七代目火影・ナルトのライバルであり、親友。
かつて犯した罪を償うため木ノ葉隠れの里に帰らず、極秘任務を遂行している。
特殊な瞳術・写輪眼(しゃりんがん)を使う“うちは一族”の血を引いている。

▲ ページトップ
うちはサクラ

うちはサクラ

CV:中村千絵

うちはサクラ

サラダの母親で優秀な医療忍者。
下忍の頃からナルトとサスケと同じ班であり、共に激闘をくぐり抜けてきた。
サスケが任務で里に帰って来ないため、娘のサラダと二人で暮らしている。
「しゃーんなろー!!」と叫び、拳で岩をも砕くパワーの持ち主。

▲ ページトップ
奈良シカマル

奈良シカマル

CV:森久保祥太郎

奈良シカマル

シカダイの父親。
そして七代目火影を影ながら支える人物。
かつての戦争をナルトと共に戦い、その知略で多くの忍を助けた。
IQ200以上の天才で、奈良一族の秘伝忍術で影を操る。

▲ ページトップ
山中サイ

山中サイ

CV:日野聡

山中サイ

いのじんの父親で超獣偽画の使い手。
かつては七代目火影・ナルトと同じ班で活躍した。
その前はダンゾウという男が創設した“根”という部隊に所属していたため、“根”が関係しているゴースト事件解決に力を注ぐ。

▲ ページトップ
油女シノ

油女シノ

CV:川田紳司

油女シノ

忍者学校(アカデミー)の先生で、ボルトのクラスの担任。
「なぜなら…」が口癖で、存在感が薄く、誰も話を聞いてくれないことが悩みの種。
授業をサボるボルトの扱いにもほとほと困っている。
実はナルトと同期の忍でかつての戦争を共に戦った。
“蟲(むし)”を使う忍術の使い手。

▲ ページトップ
はたけカカシ

はたけカカシ

CV:井上和彦

はたけカカシ

ナルトの前に六代目火影に就任した人物。
現火影・ナルトの先生であり、ナルトと最後まで激闘を戦い抜いた。
ナルトに火影を託して引退した身だが、裏でゴースト事件を追っていた。
常にマスクをしていて、その素顔は謎に包まれている…?

▲ ページトップ
猿飛木ノ葉丸

猿飛木ノ葉丸

CV:高橋英則

猿飛木ノ葉丸

かつて木ノ葉隠れの里を治めた、三代目火影・猿飛ヒルゼンの孫。
現七代目火影のナルトから色々な忍術を教わっており、“螺旋丸”という高等忍術を使いこなす。
ボルトとは顔見知りで、ボルトは木ノ葉丸のことを『にいちゃん』と呼ぶが、本人は『先生』と呼んでほしいと思っている。
語尾に「コレ」をつけるのが口癖。

▲ ページトップ
Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.