うずまきボルト

うずまきボルト

CV:三瓶由布子

うずまきボルト

忍者になる目標が曖昧だったが、卒業試験を経て忍になる覚悟を決めた。
父・ナルトがかつてスリーマンセルを組んでいた“第七班”を受け継ぎ、サラダ、ミツキと共に数々の任務に出撃する。
しかし、地味な任務には飽き飽きで、派手な任務で活躍したい様子…?

▲ ページトップ
うちはサラダ

うちはサラダ

CV:菊池こころ

うちはサラダ

父を探す旅でナルトと共に戦ったことによって、“火影になる”と心に決めた。
うちは一族に伝わる“写輪眼”も徐々に使いこなせるようになり、母・サクラゆずりの怪力も合わせてかなりの戦力に。
第七班の中では冷静に物事を考え、ボルトとミツキに突っこみを入れる立場に。

▲ ページトップ
ミツキ

ミツキ

CV:木島隆一

ミツキ

相変わらず何を考えているのかわからないが、ボルトとサラダと行動を共にすることで、人間らしさを学んでいく。
多彩かつトリッキーな忍術で、第七班を支える。

▲ ページトップ
奈良シカダイ

奈良シカダイ

CV:小野賢章

奈良シカダイ

ボルトの親友。
忍者学校(アカデミー)に入る前からの付き合いで、いつもボルトとつるんでいる。
ボルトのいたずらに付き合う事もしばしば。
「めんどくせー」が口癖でいつもやる気がない、のだが…実はかなりの頭脳の持ち主で、その知略で度々ボルトを助ける。

▲ ページトップ
山中いのじん

山中いのじん

CV:阿部 敦

山中いのじん

ボルトの幼馴染。
口が悪くいつも嫌味を言うのだが、なぜか憎めない。
絵を描く事が好きで、巻物に描いた絵を実体化させる“超獣偽画(ちょうじゅうぎが)”という忍術の使い手。

▲ ページトップ
秋道チョウチョウ

秋道チョウチョウ

CV:白石涼子

秋道チョウチョウ

ボルトの同級生で、サラダと仲のいい女の子。
いつも“ポテチ”を食べていて太っているがイケメンが大好き。そして超ポジティブ。
かなりの自己中で、自分はかなりイケてる女、だと思っている。

▲ ページトップ
うずまきナルト

うずまきナルト

CV:竹内順子

うずまきナルト

木ノ葉隠れの里の火影であり、ボルトの父。
その身体には尾獣という獣を宿しており、絶大な力を持っている。
息子のボルトとは相変わらずうまくいっておらずすれ違いばかり。
里を守るために多忙なのだが、なかなかボルトにはそれが分かってもらえずにいる。

▲ ページトップ
うちはサスケ

うちはサスケ

CV:杉山紀彰

うちはサスケ

サラダの父であり、ナルトの親友。
写輪眼を使いこなし、さらにはその上位の瞳術である“輪廻眼”をも使いこなす。
輪廻眼の力でしか行くことのできない空間があり、里に迫る脅威の痕跡を探るため、その空間を行き来している。

▲ ページトップ
Copyright(c)TV TOKYO Corporation All rights reserved.