定例社長会見

2014年6月26日

髙橋社長6月定例会見

<編成関連>
(髙橋雄一社長)
4月クールは、第12週終了時(3月31日~6月22日)で、GH7.2%(前年同期比+0.2P)、PT 6.8%(同+0.2P)、全日 3.1%(同+0.2P)と堅調に推移しています。

曜日別でみますと、月曜日のGHが昨年同期比で+1.2pと大幅にアップしたことなどが要因です。
月曜日のレギュラー番組「YOUは何しに日本へ?」、「主治医が見つかる診療所」、「世界ナゼそこに?日本人」は3番組とも平均視聴率が8%を超えており、視聴者のみなさまの支持をいただいています。

その他、4月にスタートした新番組では「THEカラオケ・バトル」が、回を重ねながら少しずつ力をつけてきており、「開運!なんでも鑑定団」や「出没!アド街ック天国」といった人気レギュラー番組も引き続き堅調に推移しています。

また、最近話題になることが多い「妖怪ウォッチ」ですが、1月クール(水曜日19:00-19:27)平均が5.4%、4月クール(金曜日18:30-18:58)も平均5.4%と好調です。

これからの特番などについてご説明いたします。

今夜(6/26)18:30から、開局50周年を記念した5時間の大型の音楽特番「テレ東 音楽祭(初)」を放送します。

1部が「木曜8時のコンサート」をベースにした生番組、2部は天王洲スタジオでJ-POPを中心に、生放送と収録を組み合わせた形で構成しております。

モーニング娘。の後藤真希さんの生放送での復活など、話題の多い番組ですが、弊社の社員・スタッフも100人ほど関ジャニ∞の事前収録に参加しました。

なお、テレビ東京がバスキュールと企画・制作し、昨年6月15日にBSジャパンで放送した「BLOODY TUBE」が、世界中の広告関係者が注目する「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のモバイル部門で金賞を受賞しました。受賞者は、出品した株式会社バスキュールです。

受賞理由は「スマホ、テレビというデバイスの垣根を越え、視聴者参加型テレビ番組という未来のエンタテインメントにチャレンジし、実行した事を評価した」とのことです。

成熟産業故に、世界中のどのテレビ局も既存のビジネスモデルから一歩先へ進みづらい中、テレビ東京とBSジャパンが「視聴者参加型の新エンタテインメント構築」という新しいチャレンジを率先して取り入れ、実行したことも、国際的なクリエイティブアワードで金賞を受賞できた大きな要因と思っています。今後も良質なコンテンツを世に送り出していきたいと思います。

<営業関連>
(髙橋雄一社長)
5月はタイムが前年比-0.1%、スポットが同+14.0%、タイム・スポット合計で前年比+4.6%、年度累計では+5.4%でした。6月も予算を達成するレベルできており、堅調です。
去年の後半から今年の初めにかけての視聴率が比較的伸びた分、スポットのシェアも前年の5.79%から6.11%にアップし、連続して6%を超えています。

5月のスポットは、「情報通信」「化粧品・トイレタリー」「食品」などが好調により、東京地区は前年を上回り107.9%となりました。

また、ミニ枠で木曜20:54~「ナナナニュース」も始まりました。同番組は、ナナナが視聴者の疑問をきっかけに企業を訪問、各社の商品やサービスをナナナがリポートするという形で送る番組ですが、こちらも好調です。

<コンテンツビジネス関連>
(太田哲夫取締役)
昨年の3月18日にサービスを開始しました「テレビ東京ビジネスオンデマンド」ですが、6月23日(月)から、マーケット・経済専門チャンネル「日経CNBC」のライブ配信サービス『日経チャンネルマーケッツ』の一部の番組を同時にライブ配信することになりました。

ライブ配信するのは、平日10:45からの「朝エクスプレス」と平日14:45からの「ラップトゥデイ」の2番組です。

過去に池上さんの番組を配信したり、選挙の番組を直後に配信したりということはありましたが、そのままライブ配信というのは今回が初めてです。
いろいろな制約があり、そのまま番組をライブ配信するのは簡単ではありませんが、今後もこういった形でサイトやマーケットなどと組んで進めていきたいと思っております。

続きまして、6月21日(土)に公開しました映画「超高速!参勤交代」の速報値のご報告です。

昨日(6/25)までの5日間で、興行収入が3億4,652万円、入場者数28万6,198人、土日に関しては「アナと雪の女王」に続き第2位というスタートでした。

この手の時代劇としては痛快でテンポがよく、女性の方々からも支持をいただいております。
このような作品がいい形でヒットしていくことで、次に続いて、いくかと思います。出演者のみなさま並びに松竹さん、監督、脚本家の方にも非常に感謝しております。

<その他>
(髙橋雄一社長)
「キッザニア東京」に出展している、テレビ東京パビリオンのリニューアルについてご紹介させていただきます。

パビリオンは毎週月曜~金曜6:40から放送中の子ども番組「ピラメキーノ640」の世界観の中、テレビ局の仕事を体験できる内容となっています。

ここで7月7日(月)から、"ピラメキたいそう"だった体操コーナーを"ナナナのナナナたいそう"に変更し、セットもリニューアル。子供達に実際にナナナたいそうを踊ってもらい、その様子をDVDに収録し持ち帰ってもらいます。

「キッザニア東京」は、子供たちとテレビ東京が接することができる貴重な空間として毎年、視聴者を招待しての貸し切りイベントも開催させていただいております。

そのナナナですが、7月7日(月)は、キャラクターのナナナの誕生日となっております。
この度、初めての誕生日を迎えるということで、「はじめての誕生日取材会」を開催いたします。
会場は、キッザニア東京のテレビ局パビリオン「ピラメキッザニア」で、リニューアルに合わせて開催させていただきます。
当日は、アナウンサーの狩野と鷲見も皆様の前で踊りを披露させていただきます。

≪会見者≫
テレビ東京 代表取締役社長 髙橋 雄一
テレビ東京 専務取締役 編成局、制作局、報道局、スポーツ局担当 井澤 昌平
テレビ東京 取締役 コンテンツビジネス局、アニメ局、メディア・アーカイブセンター担当 太田 哲夫
テレビ東京 編成局長 井上 康
テレビ東京 広報局長 狐﨑 浩子
テレビ東京 広報局次長兼広報部長 澤田 寛人

このページの先頭へ