バックナンバー

  • 2010年4月2日:スペシャル~女の努力は報われるのか!?

(ゲスト)工藤静香、hitomi、勝間和代(経済評論家)

今回はスタジオを飛び出し、女性の高等教育を日本で初めて実践した津田梅子設立の名門“津田塾大学”に潜入!たけし&国分が女子大生ら180人と“女性の生き方”と“新しい日本の女性像”について徹底討論する。まずは今ドキ女子の価値観を考察。そして勝間和代の提唱する理論&カツマー的生き方は“ありかなしか”を本人を交え議論。さらに、結婚したい派VS結婚したくない派女性同士のバトルの他、孤独死についても考える。


「自分色のシアワセを突き進む女たち」

美を追求するコスメ男子、酒を飲まないシラフ男子、甘いもの大好きスイーツ男子らが増える一方、女子は…。森ガールや歴女、金活女子、アメリカのハリウッド女優らに端を発する、お洒落でキレイな妊婦たち、“ホットママ”らが急増中。女優でもなくタレントでもない素人が、今やマタニティ・ヌードを撮影する時代。そしてそのスタジオは連日大盛況。多様化する女性達の価値観!

「それでもあなたは結婚したいですか?」

女性達は今、2極化しているという。結婚したい派と結婚しなくていい派。ちなみに、結婚したい派は、「肉食女子・婚活女子・産活女子」。結婚しなくていい派は、「おひとりさま・シングルマザー」など…。両者の生態を徹底観察。そして、ついに結婚したい派VS結婚しなくていい派のバトルが! 更には独身アラサー男子の本音も!?

女子大生徹底討論(1)【女の幸せは結婚か?】

結婚について徹底討論!結婚観に関して、『女性は結婚しなくても幸せか』という問いに対し、55%がYESと答え、39%がNOと答えた2008年読売新聞社が出した興味深いデータを発表。

女子大生徹底討論(2)【今ドキ女子の価値観って?】

日本の女性達が変わってきている今、今ドキ女子から見えてくる新しい女性の価値観を探る。そこで『平成女子にはわからない!昭和女子の価値観』と題し、MC&ゲストと女子大生でマルチトークを展開。そこで出てきたものは「他力本願なお姫様はイヤだ!」「我慢の果てに幸せは無い!」など…。

「自立した女性になりたいですか?」

経済評論家・勝間和代に憧れ、著書に書いてあるようなことを日々実践する“カツマー”と呼ばれる“カツマ理論実践者”に徹底密着!彼女らは勝間氏が行う、ブログ・SNSとチャットの中間のようなシステムを持つコミュニケーション・サービス、ツイッターのフォロアー(勝間氏のツイッター上での発言を見てくれる人のこと)となり、勝間氏の推奨する空いている時間に行う“耳勉”などを実行している。日々効率化を意識している彼女ら…。彼女達にとって勝間和代の存在とは。そして幸せとは。

女子大生徹底討論(3)【勝間和代の生き方はありかなしか?】

勝間氏が提唱するカツマ理論を、今の若い世代の女性達はどう思っているのか。女子大生180人にアンケートを実施!すると支持すると答えた人は180人中何人!?

「就職戦線異常有」

就職氷河期にあえぐ女子大生達。何が何でも就職するために年間13万円の塾費を払い、“就活塾”に通う女子大生の生活に密着。一方ではキャバクラで人脈を作る女子大生達の姿も。就職活動から見えてきた、これからの女性達の生き方。

女子大生徹底討論(4)【就活は必要?】

何がなんでも就職したい女子がいる一方、「高学歴女子ほど仕事より家庭重視」といった統計も。東大、一橋、早稲田などの都内の4年制大学15校の女子学生にアンケートをとった結果、6割が家庭重視と答えたという。

「孤独死なんて怖くない」

孤独死は高齢者だけの問題ではない。今は若い世代でも増えている。孤独死をしない方法とは。“ひとりで死ねることを幸せ”とする孤独死支援団体SSS(シングル・スマイル・シニアライフ)の活動に密着。自由に死ねる幸せとは!?


ページTOPへ