バックナンバー

  • 2015年2月13日:なぜ大繁盛!?フシギな専門店スペシャル

(ゲスト)
高橋克実、赤江珠緒、百田夏菜子

今回は全国にある不思議な「専門店」を2時間SPで大特集!見る者すべてが心を奪われる「奇跡の石」の専門店とは…?
▼謎の大量発注!?今時「バナナ」の専門店
▼7色の輝き!「奇跡の石」の専門店
▼「キャバクラ」「お受験」…ナゾの専門店
▼手芸専門のデパート「ユザラー」がアツい!
▼瀬戸内で発見!「船専門」直しのプロたち


謎の大量発注!?今時「バナナ」の専門店

千葉・館山にある今どき珍しい「バナナ」の専門店。バナナ一筋で果たしてやっていけるのか!?訪れてみると、1週間後に控える、年に1度のある大イベントのため、およそ700本ものバナナを仕入れているところだった。バナナはいったん「室(むろ)」と呼ばれる保管庫へ。それぞれ温度設定の違う6つの室を使って、人工的にバナナを熟成させていくのだ。そんな専門店の繁盛の秘密を探る。

7色の輝き!「奇跡の石」の専門店

地球上で採れる場所はたった1か所、カナダのアルバータ州でしか採掘されない希少な化石と宝石がいっしょになった「奇跡の石」の唯一の専門店が東京・目黒にある。特に看板なども出ていない店だが、中に入ると7色に輝くネックレスや指輪などが並んでいた!この石は、磨かれて宝飾品になるが、石のグレード、色合いによって値段が変わり、年間約70個売れるという。そんな「奇跡の石」に隠された魅力に迫る!

「キャバクラ」「お受験」…ナゾの専門店

東京・豊島区にある「お受験」の専門店、また同じく豊島区にある「キャバクラ嬢専門美容室」、東京・板橋区の「玉石」(河川や海などにある自然石)専門店、東京・墨田区にある「ルーペ」の専門店・・・いったいどんな店なのか?ナゾの繁盛店の秘密を探る!

手芸専門のデパート「ユザラー」がアツい!

各所で見かける「ユザワヤ」の文字・・・。ここは手芸・ホビー専門のデパート!全国に61店舗を展開、年間2000万人が訪れる人気店なのだ。その魅力はなんといっても豊富な品揃え!ファスナー約1000種類、リボン約3500種類、毛糸にいたってはなんと約1万5000種類!!生地も実に様々な素材が揃っている。そして、この店のもうひとつの魅力が「安さ」!いったいなぜそんなに安いのか?その秘密が栃木県にあるということでさっそく取材を敢行すると、田んぼのなかに巨大な倉庫が現れた!

瀬戸内で発見!「船専門」直しのプロたち

広島県尾道市・因島。静かな港町にある「石田造船」は大正12年創業、90年以上の歴史を持つ造船所。しかし造船業界は不況で、新規造船の受注は年に1-2回程度にとどまっている。しかし今でも年商は約10億円!それを支えているのが船の修繕などのメンテナンス。何十年も造船に携わってきたワザ師たちが、船のあらゆる不具合を直していく。替えの部品がなくても作ってしまうという、驚きの職人ワザに迫る!

ページTOPへ