現在の時刻

番組表

特命おばさん検事!

花村絢乃の事件ファイル3

キャスト

花村絢乃  ・・・  麻生祐未
有沢達郎  ・・・  原田龍二
宇治谷巌  ・・・  温水洋一
上田達男  ・・・  宮川一朗太
川崎益次  ・・・  相島一之
須田武彦  ・・・  正名僕蔵
上田智子  ・・・  遊井亮子
渡部守  ・・・  敦士
藤村浩一郎  ・・・  斉藤慶太
藤村至  ・・・  原田大二郎
鬼頭英二  ・・・  今井朋彦
大野清隆  ・・・  蟹江一平
浅井法子  ・・・  山田麻衣子
花村雄一郎  ・・・  西岡德馬(特別出演)
岡田幸喜  ・・・  高橋英樹
あらすじ

主婦の花村絢乃(麻生祐未)は、裁判官だった絢乃の亡父・花村雄一郎(西岡德馬)からの遺言を受けた検事正・岡田幸喜(高橋英樹)の特命により検事に。東京地検刑事第一部の検事として働いていた。
ある朝、遅刻をして急いでいた絢乃は、高杉建設の経理部長・佐野幸雄(難波圭一)と東京地検の廊下でぶつかる。絢乃の検事バッジを見るなり睨みつけた佐野は、その直後ビルから飛び降り死亡。現場に駆け付けた地検特捜部の有沢達郎(原田龍二)は、“私の供述は特捜部長の鬼頭のねつ造だ”と書かれた遺書を見て言葉を失う。鬼頭英二(今井朋彦)は民自党の藤村至(原田大二郎)と高杉建設の間に1億円の受け渡しがあったという癒着疑惑を暴こうと、強引に筋読みに沿った調書を作っていた。証拠は後から揃えればいいという乱暴なやり方に岡田は不信感を抱く。

一方、絢乃は3か月前に起きた車と自転車の接触事故を調べて欲しいと頼まれ、直告室に要請文を探しに来ていた。
早速、被害者の上田達男(宮川一朗太)を訪ねると、いまだ体に麻痺が残っていた。黄色いスポーツカーに接触した上田は、運転手から20万円を渡す代わりに警察に訴えないで欲しいと懇願される。かすり傷程度だったため示談を受け入れたが、後に容体が急変し会社へ行けない体に。警察に運転手の捜査を依頼するが、取り合ってもらえず困っていた。しかも医療費やローン返済などが滞り、このままだと家を差し押さえられてしまうという。
事情を知った岡田は有沢を呼び出し、絢乃を手伝ってほしいとお願いする。要請文を見た有沢は、1億円の受け渡しがあったとされる日と事故発生日が同じで、さらに事故現場と藤村の家が近いことにも気づく。調べを進めるうち、コンビニの防犯カメラに映る黄色いスポーツカーを発見。その証拠を持って絢乃と事務官の宇治谷巌(温水洋一)は警察に捜査依頼をするが、相当時間がかかると足蹴にされ、独自で捜査を始めることに。

そんな中、刑事一部の検事・渡部守(敦士)は、藤村の息子で後輩の浩一郎(斉藤慶太)の車と疑惑のスポーツカーが同じであることを思い出す。浩一郎に会いに行くが、事故当日にアリバイがあった。目撃者からも有力情報が得られず、報告を受けた上田は家を手放し夜逃げを覚悟する。進展のない状況に肩を落とす絢乃だったが、その頃有沢はホテル駐車場の写真であるものを発見していた…。

スタッフ

【脚本】土屋六郎
【監督】中前勇児

エンディング曲

FLY
BoA
avex trax
オフィシャルサイト:http://avex.jp/boa/
2001年シングル「ID; Peace B」で日本デビュー。 その後2002年1stアルバム「LISTEN TO MY HEART」から6thアルバムまでアルバムは全てオリコンチャート1位を獲得。日本におけるアーティストとしての地位を確立した。最近では、韓国/日本/アメリカと3ヶ国にまたがるスケジュールをこなし、さらには映画やドラマにも出演するなど、ワールドワイドかつマルチな活動を行っている。
[BoAコメント]
自分自身も27歳の一人の女性として、同世代のみんなや幅広く聴いて頂けるように作曲&作詞を行ないました。サビに向かって盛上がっていくメロディーと「希望」をテーマにしてます。
ドラマの映像と一緒に感情を込めて見て聴いて頂けると嬉しいです。時間をかけてじっくりと創り出した、私にとっても大切な一曲になりました。
BoA
データ放送

リモコンの「d」ボタン

「水曜ミステリー9」データ放送では、
作品の見どころやキャスト・スタッフ情報、
次回予告などの情報をご覧いただけるほか、
前半までのあらすじもご確認いただけます。

デジタルテレビでご覧の方は、
「水曜ミステリー9」の放送中にリモコンの
「d」ボタンを押してください。

データ放送

ページトップへ