現在の時刻

番組表

旅行作家・茶屋次郎12

大井川殺人事件

キャスト

茶屋次郎  ・・・  橋爪功
袋田沙織  ・・・  中山エミリ
坂上彩花  ・・・  京野ことみ
岡本浩介  ・・・  内田朝陽
蒼井美鈴  ・・・  岩田さゆり
向島耕平  ・・・  尾美としのり
坂上友三郎  ・・・  川野太郎
岡本芙美子  ・・・  山下容莉枝
江原小夜子  ・・・  甲斐まり恵
旅館の女将  ・・・  大島蓉子
岡本理沙  ・・・  黛英里佳
山下繁之  ・・・  石黒光
木原俊介  ・・・  金子裕
中田仁志  ・・・  久保山知洋
山倉晋吉  ・・・  角野卓造
あらすじ

旅行作家の茶屋次郎(橋爪功)は、親友・坂上友三郎(川野太郎)に『週刊ロイヤル』の連載で故郷の大井川を取り上げて欲しいと頼まれる。編集者・山倉晋吉(角野卓造)の了承を得て、担当でもある娘の沙織(中山エミリ)と取材へ出かけるが、静岡に到着して間もなく、娘・彩花(京野ことみ)に、坂上が殺されたとの連絡が入る。静岡県警で遺体と対面し泣き崩れる彩花の横で、茶屋は、不思議な形になっている坂上の手に目が止まる。

刑事・向島耕平(尾美としのり)らの会話から、茶屋と沙織は、坂上が事件前に宿泊していた千頭の旅館を突き止める。女将の話では、赤ちゃんを連れた奥さんらしき女性と宿泊。さらに1人で延泊し、夜に外出したという。母を亡くした後、父と2人で生きてきた彩花は動揺するが、“奥さん”には心当たりがあった。

翌日、茶屋と沙織は、茶農家に生まれた坂上の取引先である、島田製茶を訪問。社長・岡本芙美子(山下容莉枝)、娘婿・浩介(内田朝陽)との話から、坂上がかつて、幼なじみの蒼井葉子(ひがし由貴)を雇って欲しいとお願いしにきたことを聞く。葉子の娘も最近までここで働いていたといい、その名前は「美鈴」というらしい。なんと彩花が“奥さん”ではと疑っている女性と同じ名だった。
早速、美鈴(岩田さゆり)に会いに行くと、事情を聞くなり、何も知らないと逃げるようにその場を去ってしまう。茶屋らは、密かに美鈴のあとを追いかけるが、美鈴のアパートの陰から島田製茶の従業員・山下繁之(石黒光)が現れるのを見て不審に思う。

そんなある日、美鈴が県警に連行される。美鈴の子供の名が、坂上の名前が一文字入った“友美”であることも判明する。友美=坂上の子という疑いが強まる中、茶屋は、千頭にある島田製茶の保養所に、事件の夜、山下ら大勢が泊まっていたことを知る。話を聞くべく茶屋と向島は島田製茶に向かうが、山下の姿がない。従業員・木原俊介(金子裕)の案内でアパートに向かうと、山下は部屋の中で倒れていた…!

スタッフ

【原作】梓林太郎
【脚本】長谷川康夫
【監督】鶴巻日出雄

エンディング曲

FLY
BoA
avex trax
オフィシャルサイト:http://avex.jp/boa/
2001年シングル「ID; Peace B」で日本デビュー。 その後2002年1stアルバム「LISTEN TO MY HEART」から6thアルバムまでアルバムは全てオリコンチャート1位を獲得。日本におけるアーティストとしての地位を確立した。最近では、韓国/日本/アメリカと3ヶ国にまたがるスケジュールをこなし、さらには映画やドラマにも出演するなど、ワールドワイドかつマルチな活動を行っている。
[BoAコメント]
自分自身も27歳の一人の女性として、同世代のみんなや幅広く聴いて頂けるように作曲&作詞を行ないました。サビに向かって盛上がっていくメロディーと「希望」をテーマにしてます。
ドラマの映像と一緒に感情を込めて見て聴いて頂けると嬉しいです。時間をかけてじっくりと創り出した、私にとっても大切な一曲になりました。
BoA
データ放送

リモコンの「d」ボタン

「水曜ミステリー9」データ放送では、
作品の見どころやキャスト・スタッフ情報、
次回予告などの情報をご覧いただけるほか、
前半までのあらすじもご確認いただけます。

デジタルテレビでご覧の方は、
「水曜ミステリー9」の放送中にリモコンの
「d」ボタンを押してください。

データ放送

ページトップへ