2012年3月7日

さすらい署長 風間昭平

びわこ由美浜殺人事件

キャスト

風間昭平 ・・・ 北大路欣也
角村紀久代 ・・・ 床嶋佳子
大城静香 ・・・ 柴田理恵
久保健太郎 ・・・ 羽場裕一
西田琢美 ・・・ 鶴田忍
安永係長 ・・・ 曽我廼家文童
立原 ・・・ 春田純一
勝田 ・・・ 渋谷哲平
水島 ・・・ 黒川英二
藤岡 ・・・ 伊集院八朗
立番の警官 ・・・ 田井克幸
阪本一平 ・・・ 左とん平
河辺庄市 ・・・ 冨家規政
河辺継男 ・・・ 池田貴宏
半田江里子 ・・・ クノ真季子
向井亮介 ・・・ 吉田哲也
久保満里 ・・・ 坂口あずさ
南田聡 ・・・ 木村康志
後藤幸雄 ・・・ 高橋弘志
脇坂康晴 ・・・ 伊吹吾郎
河辺庄右衛門 ・・・ 津川雅彦
あらすじ

急病の前署長に代わり、滋賀県大津市の大津中央警察署長に就任した風間昭平(北大路欣也)は、就任3日前に琵琶湖の由美浜で扼殺事件が発生したことを知り、刑事の大城静香(柴田理恵)らとともに早速捜査会議に出席する。
 被害者は、南田不動産の社長・南田聡(木村康志)。過去に詐欺や恐喝の前科があり、金銭関係や女性問題で相当トラブルを抱えている人物だった。捜査線上には、南田から大金を騙し取られていた後藤金融の社長・後藤幸雄(高橋弘志)と、やはり南田に店の金を騙し取られていた京都・伏見の蝋燭店「伯蝋堂」専務の河辺庄市(冨家規政)が容疑者として浮かぶ。しかし、後藤は犯行時間帯に取引先と会食をしており、河辺にも南田の愛人・半田江里子(クノ真季子)が営むクラブで飲んでいたというアリバイがあった。
 その日、大学時代の友人・脇坂康晴(伊吹吾郎)と会う約束をしていた風間は、偶然脇坂が伯蝋堂の蝋燭をひいきにしていることを知り、店に案内してもらうことにする。伯蝋堂では、店主の河辺庄右衛門(津川雅彦)と次男の継男(池田貴宏)、角村紀久代(床嶋佳子)が働いていた。そこへ、長男の庄市が戻り、庄右衛門や継男と言い争いを始めたことから、風間は庄市が店の権利書を勝手に持ち出したらしいことを知ってしまう。さらに風間は、帰り際、ある女性が伯蝋堂に向かう姿を目撃する。
 翌日、昨日見かけた女性が南田の愛人・半田江里子ではないかと思った風間は、再び伯蝋堂へ向かった。しかし、江里子のことを尋ねるも、庄右衛門は頑なな態度で風間を追い返してしまう。その後風間は、紀久代から、昨日やって来た女性は江里子であること、庄右衛門と江里子はしばらく二階で何かを話していたが、江里子が帰った後、庄右衛門が「金なんか渡せるか」と興奮した様子で語っていたことなどを聞きだす。
 やがて大津中央署の刑事たちは、南田が伯蝋堂の権利書を持っていたとの証言を後藤から得る。家宅捜査をしたものの南田の自宅から権利書が見つからなかったことから、風間は、庄市が南田から権利書を取り戻し、それが江里子の手に渡った結果、江里子が庄右衛門に権利書と引き換えに金を要求しに来たのではないかと推測。刑事たちは、庄市と江里子を参考人として連行することを決める。
 ところが、刑事たちの動きを察知した庄市、江里子は相次いで姿をくらませてしまう。庄市にすんでのところで逃げられた静香は、庄右衛門を訪ね、庄市の居所をなんとか掴もうと躍起になるが、興奮した庄右衛門は倒れてしまい、そのまま入院してしまう。
 翌朝、行方が掴めなかった江里子が遺体となって発見された。江里子のコートには、風間が伯蝋堂で見かけた蝋燭の原料、ハゼの実がついており…。

スタッフ
【原作】中津文彦「さすらい署長 風間昭平 びわこ由美浜殺人事件」(光文社刊)
【脚本】尾西兼一
【監督】藤嘉行

エンディング曲

ジャスト・ア・キス~幸せの予感
レディ・アンテベラム
EMIミュージック・ジャパン
http://emij.jp/ladya/(PC/携帯)
2006年に米ナッシュビルでヒラリー・スコット、チャールズ・ケリー、
デイヴ・ヘイウッドの3人で結成。第53回(2011年)グラミー賞で最多である全5部門を受賞。
現在まで3枚のアルバムを発表し、2作連続で全米アルバム・チャート初登場1位を記録。
現在のアメリカを代表するグループの1つである。「ジャスト・ア・キス~幸せの予感」を収録した最新アルバム『夢の貴婦人』(原題:OWN THE NIGHT)発売中。

ページトップへ