2012年9月26日

Dr.門倉周平の事件カルテ

キャスト

門倉周平 ・・・ 寺脇康文
今村華子 ・・・ 櫻井淳子
日下部光彦 ・・・ 松重豊
須田真理 ・・・ 笛木優子
橋本正子 ・・・ 山口美也子
大野静江 ・・・ 水沢アキ
中村フミエ ・・・ 大島蓉子
久保寺隼人 ・・・ 永山たかし
安部靖 ・・・ 森下能幸
門倉加奈 ・・・ 金井美樹
安部杏子 ・・・ 小林麻子
大崎春子 ・・・ 水木薫
磯貝保 ・・・ 石黒久也
吉岡修一郎 ・・・ 夏八木勲
あらすじ

東京・佃で診療所を営む門倉周平(寺脇康文)は、娘の加奈(金井美樹)と2人暮らし。かつては城南医大の名医と言われていたが、妻の直子(小森琴世)を交通事故で失って以来、佃に診療所を開き活躍していた。
ある晩、周平はスナックのママ・大野静江(水沢アキ)と飲んで帰る途中、朝潮橋付近の運河で何かが水に落ちる音を聞く。その直後、橋の上を人影が走り去って行くのを目撃。慌てて運河へ駆け寄ると、そこには男の遺体が浮かんでいた…。
この事件の捜査には、周平の亡き妻・直子の妹である今村華子(櫻井淳子)や、その部下・久保寺隼人(永山たかし)らがあたることになった。華子たちの捜査の結果、亡くなっていたのは流星出版という出版社を営む磯貝保(石黒久也)で、他殺であることが判明。流星出版は名前だけの会社で、磯貝は芸能人や著名人のゴシップ記事を書いては、それをネタに恐喝を繰り返す強請り屋として生計を立てていたらしい。
やがて、捜査線上に磯貝から恐喝を受けていたという佃在住の不動産会社経営者・安部靖(森下能幸)が浮上する。華子たちは安部から任意の事情聴取を行うが、周平の娘・加奈と安部の娘・みのり(新井優歌)は親友であるため、加奈は激しいショックを受ける。そんな中、周平は、診療所に風邪の診療のためにやって来た、今人気のエステ「ジュディ」を経営する須田真理(笛木優子)と知り合いになる。
犯行を否認しているにも関わらず、周囲から犯人のように扱われ、家族が辛い目にあっている安部を見た周平は、地元の弁護士・吉岡(夏八木勲)のもとへ相談に訪れる。すると吉岡は、今度自分が参加する講演会で、町の人たちの良心に訴えようと請け合う。しかし周平は、吉岡の事務所で見た“あるもの”が気にかかる…。
その後間もなく安部は釈放されたが、その翌日、運河で遺体となって見つかってしまう。警察は、逃げ切れないと考えた安部が自殺したものと推測。しかし周平は、家族と出かける約束をしていた安部が突然自殺したとはどうしても考えられず…。

スタッフ
【脚本】林誠人
【監督】渡邊孝好

エンディング曲

こころが
坂本冬美
EMIミュージック・ジャパン
http://fuyumi-fc.com/(PC/携帯)
『また君に恋してる』のヒット以降 演歌だけでなくJーPOPテイストの作品への挑戦を続けてきた坂本冬美。
新曲”こころが”は2012年最初のニュー・シングルとして3月30日にリリース。初のコラボレーションとなる“松尾潔”の手による美しく、せつ ないラブ・ソング。心に染みる名曲。

ページトップへ