最新情報

2020.10.27 【主題歌】東京事変が歌う「命の帳いのちのとばり」に決定!

【主題歌】東京事変が歌う命の帳いのちのとばりに決定!
山口紗弥加とイケメン男子たちが魅せる!
同曲を使用した、官能的で特別なエンドロールにもご注目!
Paraviで11月11日(水)夜9時より独占先行配信

テレビ東京では2020年11月18日(水)より、深夜0時58分からのドラマパラビ枠で「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」(主演:山口紗弥加)を放送します。
この度、ドラマ主題歌に東京事変の「命の帳いのちのとばり」が決定しました!東京事変がテレビ東京のドラマ主題歌を務めるのは初となります。
本ドラマに更なる深みを持たせる楽曲になっております。また、主題歌を使用した特別なエンドロールを制作しました。主演の山口紗弥加とイケメン男子たちが織り成す官能的な映像は物語のクライマックスを一層引き立たせる仕上がりになっております。是非ご注目ください!
「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」は、2019年に開催されたテレビ東京、note、幻冬舎による「コミックエッセイ大賞」の入賞作品で、同コンテストの入賞作品をドラマ化した初めての作品となります。
友人の勧めから「マッチングアプリ」という世界に足を踏み入れた38歳バツイチ独身の主人公チアキ。そこには年齢差なんて気にしない年下のイケメン男子が大量にいた!しかし、出会う相手には体の関係だけが目的のいわゆる「ヤリモク」男たちもたくさん出現。男性経験があまりないチアキは戸惑いながらも、遅咲きの青春を謳歌!いつの間にかその世界にどっぷりとハマってしまう…。年齢を重ね「もう私にハッピーな時間なんて訪れないのかな」なんて少し暗くなっている女性たちに、勇気を出して一歩を踏み出せば新しい世界が広がっていることをお伝えしたい。原作者のまさかの実体験をもとに描かれた、現代を生き抜く女性たちへの応援歌となるような”超現代型”ラブコメドラマです!

また、このドラマは動画配信サービス「Paravi」で11月11日(水)夜9時より独占先行配信が決定!先取りしたい方や、見逃した方にもお楽しみ頂けます。

今回、主題歌を担当した東京事変、主演の山口紗弥加からコメントも届きました!

東京事変 コメント

山口紗弥加 コメント

Q.東京事変が主題歌を担当すると聞いた時は?
A.まさに事変が起きたと思いました(笑)。いつか、主演を務める作品で、中学生時代から交流のある椎名先輩に楽曲を書いていただけたら嬉しいなと密かに思い続けていて、今回それが叶ったので、本当に夢みたいな気持ちです。

Q.完成した楽曲を聴いた感想を教えてください。
A.「まさにチアキの曲だ…」と思いました。これ以外考えられない!という気持ちでしたね。
チアキという役に対して最後にこの曲が命を吹き込んでくれた、そんな気がしました。
毎日がこの曲とともに始まって、この曲で終わる、そんな感じで楽曲を聴きながらチアキになっていったので、チアキの柱であり命の様な楽曲だと感じています。

Q.エンドロールの撮影を終えていかがでしたか?
A.なんとも言えない高揚感がありました。たくさんの視線を感じながらほぼ裸体の様な状態で(笑)。
思わず羞恥心が出てきてしまった瞬間もありましたが、(でもその羞恥心に負けそうになりながらも、)
最後のテイクは一切を忘れ、チアキとしてノリノリで男性達に絡んでいる自分がいて(笑)
楽曲の力を感じましたし、東京事変さん最高!とそんな気持ちで撮影していました。

■祖父江里奈プロデューサー コメント

まさか、テレビ東京の深夜ドラマに東京事変が…!?という驚きでいっぱいです。さらにいただいた歌詞がまさにこの作品の世界観そのもので感激です。エンドロール映像は山口紗弥加さんや酒井麻衣監督を始めとしたスタッフ一同、尋常でない気合と熱量をもって撮影させていただきました。是非、全話最後までお楽しみください!

第1話あらすじ

38歳バツイチ独身のチアキ(山口紗弥加)は若くして結婚したため男性経験があまりない。すっこぬけてしまった青春を取り戻したいと思っていたとき、親友のリカ(町田マリー)に勧められたのが “マッチングアプリ”だった。
興味本位で初めてみたチアキだが、アプリの中には年齢差なんて気にしない年下のイケメン男子が溢れていた!年下男子たちと健全なデートを繰り返すチアキ。しかしある朝、目を覚ますと脱ぎ散らかされた服、そして隣には大学生が…!?

第2回 幻冬舎×テレビ東京×note コミックエッセイ大賞 開催決定!

本作「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」がドラマ化されるきっかけとなりました「コミックエッセイ大賞」が再び開催されます!このコンテストは、幻冬舎とテレビ東京とnoteが共同で開催するもので、コンテストのハッシュタグ(#コミックエッセイ大賞)をつけてnoteに投稿された作品を対象に審査を行い、入選された方には、WEB連載や書籍化、映像化に向けて打ち合わせをします。

「第2回コミックエッセイ大賞」ページ:
https://note.com/info/n/ncad58a58a417
【問い合わせ先】
株式会社幻冬舎 担当:森村 comment@gentosha.co.jp
※件名を「コミックエッセイ大賞」としてください。

楽曲情報

東京事変 デジタル ニューシングル
「命の帳」

<テレビ東京ほか ドラマパラビ「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」主題歌>
2020年11月13日(金)配信リリース
<linkfire> https://lnk.to/tj_vol

作詞:椎名林檎 作曲:伊澤一葉 編曲:東京事変
vox 椎名林檎
piano 伊澤一葉
guitar 浮雲
bass 亀田誠治
drums 刄田綴色

produced by 東京事変 & 井上雨迩

番組概要

番組名 ドラマパラビ「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」
放送局 テレビ東京 ほか
放送日時 2020年11月18日(水)スタート 毎週水曜深夜0時58分~1時28分
配信 動画配信サービス「Paravi」で2020年11月11日(水)夜9時より独占先行配信
Paravi (パラビ) URL: https://www.paravi.jp
原作 「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」(著:松本千秋)
主演 山口紗弥加、町田マリー、野村麻純、増子直純(怒髪天)、佐藤藍子
主題歌 東京事変「命の帳」(UNIVERSAL MUSIC LLC/EMI Records)
チーフプロデューサー 山鹿達也(テレビ東京)
プロデューサー 祖父江里奈(テレビ東京)、小松幸敏(テレビ東京)、石塚清和
脚本 舘そらみ(『来世ではちゃんとします』『グッド・バイ』『コーヒー&バニラ』)
監督 酒井麻衣(『荒ぶる季節の乙女どもよ。』『恋のツキ』『死役所』)
制作 テレビ東京・ファインエンターテイメント
製作著作 「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」製作委員会

2020.10.23 本作を彩るレギュラーキャストに町田マリー、野村麻純、増子直純(怒髪天)、佐藤藍子が決定!

本作を彩るレギュラーキャストに
町田マリー、野村麻純、増子直純(怒髪天)、佐藤藍子が決定!
主人公・松本チアキ(山口紗弥加)の“大人カワイイ”衣装も大公開!!
Paraviで11月11日(水)夜9時より独占先行配信
地上波では11月18日(水)深夜0時58分より放送スタート!

テレビ東京では2020年11月18日(水)より、深夜0時58分からのドラマパラビ枠で「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」を放送します。
この度、山口紗弥加演じる主人公〈松本チアキ〉を取り巻くレギュラーキャストが決定しました!
チアキの親友でチアキがマッチングアプリを始めるきっかけとなった〈リカ〉役に町田マリー、イラストレーターであるチアキにいつも仕事を回してくれる出版社の編集担当で友達作りなどカジュアルにマッチングアプリを使いこなすイマドキ女子〈まみ〉役に野村麻純、チアキとは高校時代のからの友人でチアキの良き相談相手〈節子〉役に佐藤藍子、チアキが行きつけのバーのマスター役にロックバンド・怒髪天の増子直純が決定!個性豊かなキャストが集結し、今作をより一層盛り上げます。お楽しみに!
また、チアキと恋愛を繰り広げるイケメン男子を演じる男性ゲストは近日発表予定です!どうぞご期待ください!

「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」は、2019年に開催されたテレビ東京、note、幻冬舎による「コミックエッセイ大賞」の入賞作品で、同コンテストの入賞作品をドラマ化した初めての作品となります。
友人の勧めから「マッチングアプリ」という世界に足を踏み入れた38歳バツイチ独身の主人公チアキ。そこには年齢差なんて気にしない年下のイケメン男子が大量にいた!しかし、出会う相手には体の関係だけが目的のいわゆる「ヤリモク」男たちもたくさん出現。男性経験があまりないチアキは戸惑いながらも、遅咲きの青春を謳歌!いつの間にかその世界にどっぷりとハマってしまう…。年齢を重ね「もう私にハッピーな時間なんて訪れないのかな」なんて少し暗くなっている女性たちに、勇気を出して一歩を踏み出せば新しい世界が広がっていることをお伝えしたい。原作者のまさかの実体験をもとに描かれた、現代を生き抜く女性たちへの応援歌となるような”超現代型”ラブコメドラマです!

さらに、デートコーデの参考になる!?チアキの大人カワイイ衣装を大公開!!
劇中でチアキが着ている様々な衣装もこのドラマの見どころとなっています。酒井麻衣監督は「品が良くクラシカルな世界観を大切にしており、衣装もブリティッシュスタイルのコーディネートをお願いしました。職業がイラストレーターという設定なので芸術家気質でファッションにこだわりのある大人の女性をイメージしています」。衣装を担当するスタイリストの高橋美咲さんによると「女性の視聴者が観て楽しめるよう工夫しました。アクセサリーやバッグの数も多く、色味を様々にかけあわせたりもしました。また、イヤーカフなどの流行も積極的に取り入れています。若い男の子とのデートシーンが多いのですが、ピンクより水色を多用したりパールを取り入れたりと『大人カワイイ』を意識しました。山口紗弥加さんを着せかえ人形のようにしていろんなお洋服を着ていただけたので私もすごく楽しかったです(笑)」とのこと。たくさんの年下イケメン達を虜にする⁉大人っぽく品がありながらもかわいらしいデートコーデに注目してご覧ください!

また、このドラマは動画配信サービス「Paravi」で11月11日(水)夜9時より独占先行配信が決定!先取りしたい方や、見逃した方にもお楽しみ頂けます。

キャストコメント

リカ役:町田マリー

この作品のオファーを頂いたときテレビ東京さんの深夜の連続ドラマに参加させていただけるということで、きっととっても面白い作品になるだろうなと、とてもワクワクしました!チアキちゃんが、若いイケメン達とデートしたりお家でいちゃいちゃしたりと、夢のような台本にドキドキしながら読み進めました。途中から衝撃の展開になって、びっくりしましたが・・・。
リカは38歳の独身女性ならではの悩みを身体中で感じているような人物です。とってもサバサバとしてて、自分の価値観を持ってカッコよく生きているように見えて、実はほんとの心の中の弱い部分をあまり人に言えない、リカのそんな所がとても等身大の38歳の女性という感じです。わたしが演じるリカの存在に視聴者の方が共感してくれるのではないかなと思います。色んな表情を持つリカをわたしなりに丁寧に演じたいです。また、チアキの親友で、同じ独身同士、共感しながら生きていて、日本中にこんな二人のような関係の女性たちって沢山いると思います。その中の一人だと思って演じたいと思いました。
チアキとイケメン君達とのラブロマンスは観てるだけで癒されるのではないかなと思います(笑)。マッチングアプリという実際に一歩踏み入れるにはドキドキしてしまうような世界を覗きながらも、皆さんそれぞれが自分自身を振り返るキッカケになるような作品になるのではないかなと思います。沢山の方に観ていただきたいです!

まみ役:野村麻純 ※ドラマオリジナルキャラクター

「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」というタイトルを聞いただけで、興味をかきたてられる観たいドラマだなと思いました。私はマッチングアプリを使ったことがないのですが、その世界を擬似体験できるドラマに参加できる事をとても楽しみに思います。
台本を読んで、ええー!こんなことになるの!?こんな人もいるんだ!?と、ひとつひとつに驚きと刺激を受けました。読み進めていくにつれて、自分の中の常識や固定概念が崩れていったような感じがします。私が演じるのはまみ役ですが、チアキさん、リカさんの気持ちに共感するところも多々あり、頷きながら読みました。皆さんとの本読みがとても面白かったので、それがお芝居として見えるカタチになるとどうなるのか私自身も楽しみです。
まみちゃんは今時の子です。何にも考えていないように見えて実は将来のヴィジョンをしっかりと持っている、今を生きるしたたかな女性です。チアキさんとは仕事上のお付き合いだけでなく、お互いの「違い」を理解しながら刺激、鼓舞し合える関係性です。思ったことを躊躇せず、すぐに言えるまみちゃんを羨ましいな〜と思います(笑)。自分の思いに迷いがない「イマドキ女子」を演じたいと思います!
このドラマはいろんな人の色んな生き方や考えた方を頭ごなしに否定することなく、本当に自分が望むもの、自分がどうしたいのか、を考えるきっかけにもなるドラマかなと思います。深入りせずにミーハー心だけで観ていただくのも寝る前の楽しい時間になると思います。お好みでどうぞ。そしてヘアメイク・衣装がお洒落で可愛い作品なので、そちらもぜひ注目していただきたいです!

節子役:佐藤藍子

この作品のオファーを頂いたとき、主人公の年齢が38歳、そして離婚歴があるという設定に、役者として素直に嬉しく思いました。大人の女性のドラマや映画を日本でもどんどん制作されればいいのになぁ、と、海外の映画やドラマを見て昔から感じていたので、タイトルを見た時に『やった!!』と思いました。その作品に携われる事が嬉しく、ワクワクしています。
そして台本を読んだときは時代を感じました(笑)。幼少期からネット環境が整い、時間も距離感も私達とは感じ方が違う、まさに『感覚のズレ』を楽しく切なく描いていて、そこに翻弄されたりするアラフォーを演じるのが楽しみです。
節子は自分の価値観や生き方をきちんと確立していながらも、自分とは違う物事に対しては柔軟で広い視野を持っている、『ジェネレーションギャップを上手に消化出来ている人』です。主人公のチアキを温かく見守り、何かあった時には決して嘘をつかず、意見出来る最高の人生の友を演じられるように頑張ります!!
ドラマの素晴らしいところは、ドラマであるところだと思っています。なので『こんな事あるわけないよね』とかではなく、ドラマの世界を素直に心で感じて欲しいと思っています。是非、見て下さい!!よろしくお願いいたします。

バーのマスター役:増子直純(怒髪天) ※ドラマオリジナルキャラクター

この作品は随所に散りばめられた今時のリアルに驚かされつつ、深く考えさせられる物語だなと思いました。とあるワンシーンはマジで落涙モノでした。そんな作品に加わる事ができて嬉しいです。
マッチングアプリには世代的に馴染みがなく、ニュースなどで知る限り結局危険もある印象でしたが、若い世代には所謂「フツー」のツールであることを知り衝撃を受けました。
心に残る物語なので是非最後まで観て下さい。そして自分もなんだかんだでちょいちょい顔出しますのでお楽しみに(笑)。

第1話あらすじ

38歳バツイチ独身のチアキ(山口紗弥加)は若くして結婚したため男性経験があまりない。すっこぬけてしまった青春を取り戻したいと思っていたとき、親友のリカ(町田マリー)に勧められたのが “マッチングアプリ”だった。
興味本位で初めてみたチアキだが、アプリの中には年齢差なんて気にしない年下のイケメン男子が溢れていた!年下男子たちと健全なデートを繰り返すチアキ。しかしある朝、目を覚ますと脱ぎ散らかされた服、そして隣には大学生が…!?

第2回 幻冬舎×テレビ東京×note コミックエッセイ大賞 開催決定!

本作「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」がドラマ化されるきっかけとなりました「コミックエッセイ大賞」が再び開催されます!このコンテストは、幻冬舎とテレビ東京とnoteが共同で開催するもので、コンテストのハッシュタグ(#コミックエッセイ大賞)をつけてnoteに投稿された作品を対象に審査を行い、入選された方には、WEB連載や書籍化、映像化に向けて打ち合わせをします。

「第2回コミックエッセイ大賞」ページ:
https://note.com/info/n/ncad58a58a417
【問い合わせ先】
株式会社幻冬舎 担当:森村 comment@gentosha.co.jp
※件名を「コミックエッセイ大賞」としてください。

番組概要

番組名 ドラマパラビ「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」
放送局 テレビ東京 ほか
放送日時 2020年11月18日(水)スタート 毎週水曜深夜0時58分~1時28分
配信 動画配信サービス「Paravi」で2020年11月11日(水)夜9時より独占先行配信
Paravi (パラビ) URL: https://www.paravi.jp
原作 「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」(著:松本千秋)
主演 山口紗弥加、町田マリー、野村麻純、増子直純(怒髪天)、佐藤藍子
主題歌 東京事変「命の帳」(UNIVERSAL MUSIC LLC/EMI Records)
チーフプロデューサー 山鹿達也(テレビ東京)
プロデューサー 祖父江里奈(テレビ東京)、小松幸敏(テレビ東京)、石塚清和
脚本 舘そらみ(『来世ではちゃんとします』『グッド・バイ』『コーヒー&バニラ』)
監督 酒井麻衣(『荒ぶる季節の乙女どもよ。』『恋のツキ』『死役所』)
制作 テレビ東京・ファインエンターテイメント
製作著作 「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」製作委員会

2020.10.3 テレビ東京 今秋放送決定!
ドラマパラビ「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」

主演・原作・脚本・監督・企画プロデューサー全て女性!
世の女性に贈る究極の”現代型”ラブコメドラマの誕生!?
マッチングアプリとの出会いで遅咲きの青春を謳歌する
38歳バツイチ独身女を山口紗弥加が熱演!
Paraviで独占先行配信も決定!!

テレビ東京では2020年の秋に、深夜0時58分からのドラマパラビ枠で「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」の放送をする事を決定致しました。

「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」は、2019年に開催されたテレビ東京、note、幻冬舎による「コミックエッセイ大賞」の入賞作品で、今年10月に書籍化(著:松本千秋)も決定。同コンテストの入賞作品をドラマ化した初めての作品となります。

究極の”現代型”ラブコメドラマの誕生!?「いまどき、マッチングアプリで出会うなんて普通でしょ?」という人もいれば、「えっ、出会い系だよね?正直引く…」という人も。でも何事も実際にやってみないとわからない!「知らない世界を体当たりで体験し作品にして広く伝える」、コミックエッセイの醍醐味ともいうべき作品…それが「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」です。

友人の勧めで、好奇心からマッチングアプリを始めた38歳の主人公〈松本チアキ〉。恐る恐る覗いたアプリの中には年齢差なんて気にしない年下のイケメン男子が大量にいた!しかも、女性はびっくりするくらいモテまくる!?しかし、出会う相手には体の関係だけが目的のいわゆる「ヤリモク」男たちもたくさん出現。早くに結婚してしまい男性経験があまりないチアキは戸惑いながらも、遅咲きの青春を謳歌!いつの間にかその世界にどっぷりとハマってしまう…。彼女が出会ったのは自分の世代とはあまりにギャップが大きい「イマドキの恋愛観」、そして「アラフォー女性ならではの悩みと孤独」だった…。
年齢を重ね「もう私にハッピーな時間なんて訪れないのかな」なんて少し暗くなっている女性たちに、勇気を出して一歩を踏み出せば新しい世界が広がっていること、いくつになったって自分で人生は変えられるし、それは大きな喜びにあふれているということをお届けしたい。まさに、現代を生き抜く女性たちへの応援歌となるようなドラマです。

主人公の〈松本チアキ〉には、山口紗弥加が決定。24歳で結婚し35歳で離婚した、現在38歳のバツイチ独身女。早期の結婚で失われてしまった青春を取り戻すべくマッチングアプリを始めるが、好奇心からいろんなタイプの男性に出会い、新たな自分を発見するアラフォー女性を演じます。脚本には現代女性の複雑な恋模様を描く名手・舘そらみ。監督にはドラマだけでなくMVや映画、舞台まで多彩な才能を発揮している酒井麻衣。主演・原作・脚本・監督・プロデューサーとすべて女性で構成される本作はそれぞれの考え方や人生経験、過去の恋愛などが少しずつ作品に投影されており、尋常ではない熱意のこもった意欲作となっています!

また、本作は動画配信サービス「Paravi(パラビ)」での独占先行配信が決定!

チアキを取り巻く女性たちや、毎話出てくるイケメン男子を演じる男性ゲストなど今後の続報発表にも、ご注目ください。

キャストコメント

松本チアキ役:山口紗弥加

Q)本作のオファーを受けた時の感想をお聞かせください。
マッチングアプリって何ですか!?
が正直な感想だったのですが、すっこ抜けた青春を取り戻す38歳・独身女の冒険記と聞き、これはぜひ、実体験として挑戦させていただきたいと思いました。

Q)台本を読んでみての感想をお聞かせください。
膨大な台詞量に震え、何人と、何回キスするの!?と…
不器用な人間たちによる、甘美と辛酸のミルフィーユのようなドラマです。舘そらみさんが紡がれる言葉たちは一種の生命体で、口にするのも躊躇うような単語すらさらりと吐き出してしまうから、その生々しさに思わず丸呑みされてしまうような危うさがあります。

Q)松本チアキの役どころについてはどう感じましたか?
年齢的にも、青春を取り戻したいという正直な欲望にも、共感を覚えます。チアキにとっての四つ葉のクローバーを何とか一緒に見つけたい。そんな気持ちです。

Q)役を演じるにあたっての思い、意気込みをお聞かせください。
私にとっての38歳はまさしく人生の岐路でした。「まだ、30代。」と言い聞かせながら40歳へのカウントダウンを始めるような、気付けばどこかに “焦り” が潜んでいたような…。チアキもそんな時間の中で必死にもがいているのだと思います。もちろん私も同じです。必死で38歳のカラダを作りました。あらゆる意味で「挑戦」です。

Q)視聴者へのみどころなどメッセージをお願いします。
女性に観ていただきたい作品です。
チアキの“真実の欲望”が、どこかで、誰かの幸せに繋がることを願っています。
どうぞよろしくお願いします。

原作 松本千秋 コメント ◆

38歳の春から始めた某マッチングアプリで、私は色んな初体験をしました。
世間的常識を取っ払って飛び込んだその世界は、時に危険で怪しく、ロマンチックで官能的でもありました。この経験を物語として描き始めた当初から、この作品は絶対に映像化を狙っていきたい、という気持ちを込めていました。コミックエッセイ大賞に応募したのも、テレビ東京さんに届いて欲しい一心からでした。この思い、キャッチして頂けてめちゃくちゃ幸せです。皆さん、このドラマ、眩しくて目が潰れそうな美青年が数々登場します。そしてチアキを演じてくださる山口紗弥加さん、その凛とした美しさ…これはもう、ほんと観て!観なきゃ絶対損!!

祖父江里奈(テレビ東京ドラマ室プロデューサー) コメント

多くの人が気になっているけれど、なかなか踏み出すことのできないマッチングアプリの世界。それを少しだけ覗き見できるようなドラマになればと思っています。

20代など若い世代ではマッチングアプリでの出会いはもはや普通で、数種類のアプリを使い分けることもあるようです。私自身は36歳でマッチングアプリというものに正直なところまだ抵抗があります。怖い目に遭ったり個人情報が流出したりするんじゃないかと。しかしこの原作を読んだとき、まだ見ぬ新しい世界への大きな興奮を抑えられなくなりました。同時に、歳を重ねた女性がぶち当たる人生の壁・悩みなどが丁寧に描かれている作品だとも思いました。

主演の山口紗弥加さんは確かなキャリアを重ねている女優さんでありながら、無理を感じさせないキュートさと上品さが大きな魅力で、それゆえ多くの女性から愛されていることがご出演をお願いした理由です。この主人公は一歩間違うとただの奔放な女性に見えてしまう恐れがありますが、実力と品の良さを兼ね備える山口さんならきっとうまく演じてくださるだろう、と。またそれでいて、どこかはかなさや危うさも感じさせる方なので、ハッピーなラブシーンだけでなくアラフォー女性ならではの寂しさや生きづらさも巧みに表現してくださるだろうなと確信しています。あと、原作の松本千秋さんご本人にどことなく雰囲気が似ています(笑)

脚本にはあらゆる女性の生き様・恋模様を描く名手の舘そらみさん。渋谷の街角で「あなたの恋バナ聞きます」という看板を持って立ち、街ゆく女性の恋愛事情を調査するという不思議な活動をしていた方で、その成果は間違いなく今回の作品の表現にも生きています。
監督にはドラマだけでなくMVなどでも活躍中の酒井麻衣さん。映像表現のアイデアが次々と湧き上がってくるパワフルな方で、山口紗弥加さんと若きイケメン男性たちとのめくるめく世界をどのように描かれるのか楽しみでしかたありません!

第2回 幻冬舎×テレビ東京×note コミックエッセイ大賞 開催決定!

本作「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」がドラマ化されるきっかけとなりました「コミックエッセイ大賞」が再び開催されます!このコンテストは、幻冬舎とテレビ東京とnoteが共同で開催するもので、コンテストのハッシュタグ(#コミックエッセイ大賞)をつけてnoteに投稿された作品を対象に審査を行い、入選された方には、WEB連載や書籍化、映像化に向けて打ち合わせをします。

「第2回コミックエッセイ大賞」ページ:
https://note.com/info/n/ncad58a58a417
【問い合わせ先】
株式会社幻冬舎 担当:森村 comment@gentosha.co.jp
※件名を「コミックエッセイ大賞」としてください。

番組概要

番組名 ドラマパラビ「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」
放送局 テレビ東京 ほか
放送日時 2020年11月18日(水)スタート 毎週水曜深夜0時58分~1時28分
配信 動画配信サービス「Paravi」で2020年11月11日(水)夜9時より独占先行配信
Paravi (パラビ) URL: https://www.paravi.jp
原作 「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」(著:松本千秋)
主演 山口紗弥加、町田マリー、野村麻純、増子直純(怒髪天)、佐藤藍子
主題歌 東京事変「命の帳」(UNIVERSAL MUSIC LLC/EMI Records)
チーフプロデューサー 山鹿達也(テレビ東京)
プロデューサー 祖父江里奈(テレビ東京)、小松幸敏(テレビ東京)、石塚清和
脚本 舘そらみ(『来世ではちゃんとします』『グッド・バイ』『コーヒー&バニラ』)
監督 酒井麻衣(『荒ぶる季節の乙女どもよ。』『恋のツキ』『死役所』)
制作 テレビ東京・ファインエンターテイメント
製作著作 「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」製作委員会

バックナンバー

    ページトップに戻る

    おすすめドラマサイト