2002年6月15日(土)放送浜名湖

2位 浜松まつり

昼は170ヶ町近く参加する凧揚げ。町内で生まれた子供の誕生を祝い、健やかな成長を願うべく男衆が揚げます。
「初凧」と呼ばれ、子供の名前と家紋が描かれています。他に町の「凧印」のみ描かれた町の凧があり、他の町との合戦に使います。
夜は「御殿屋台引き回し」と「初練り」が行われます。「御殿屋台」は凧を運んだ大八車が起源で美しい装飾が施されています。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト