2003年2月15日(土)放送横須賀

4位 記念艦三笠

明治時代後期の日露戦争において東郷平八郎率いる連合艦隊の旗艦として、1905年の日本海海戦でロシアのバルチック艦隊を全滅させた日本海軍を代表する軍艦です。
横須賀のシンボルとして大正15年以来、三笠公園内に「記念艦」として保存、一般公開されています。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト