2003年8月9日(土)放送真鶴

16位 日本のリビエラ

リビエラ・・・フランスからイタリアにかけての地中海沿岸の保養地のことです。ジェノバやニース、アラッシオなどが含まれています。いずれも港町です。
明治時代、日本の水彩画の先駆者として活躍した画家・三宅克己(こっき)が、昭和元年、52歳の時、真鶴に居を構えた際、かつて暮らしたヨーロッパの風景に似ていることに感銘を受け、「横浜貿易新報」に『日本のリビエラ』という文を掲載しました。
海岸線ギリギリまで山の斜面がせり出し、緑の中に民家が点在しているところがまさに酷似しています。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト