2004年2月14日(土)放送新宿二丁目

2位 新千鳥街

新宿二丁目一帯はもともと赤線地帯で昭和33年(1958年)に売春防止法が施行され二丁目の赤線地帯も解体されました。
新千鳥街には赤線時代の建物が現存し、間口の狭い作りや細い階段にその当時の面影を感じ取ることができます。
もともと千鳥街という場所が現在の新宿高校付近にありましたが、区画整理とゴーストタウン化した二丁目の家賃暴落により千鳥街の店は二丁目に移転し、新千鳥街を形成していったそうです。
この新千鳥街の会長でもある「割烹五朗」のご主人、村吉五郎(80)さんはこの場所で39年間店を続けています。女将のサダさんと、千鳥街時代から数えて45年、お店を切り盛りしてきました。
魚は毎日、築地から仕入れています。お造りは分厚さと新鮮さで角がピンと立っていることから常連客から、ライターに例え「ダンヒル」と呼ばれています。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト