2004年3月13日(土)放送深大寺

3位 深大寺そば

江戸時代から食されている深大寺そば。江戸名所図絵にもその様子が載っています。
現在、参道を中心に蕎麦屋さんは23軒ほどあり、そば組合を作っています。

<そばごちそう 門前>
山門を出てすぐ左手にあります。そば組合の現会長を務めています。
客の予約時間に合わせて蕎麦を打つのが要予約の「そばごちそう」です。「手打粗碾そば」は通常店で出している蕎麦のことで、手打そば(二八そば)は国産のそば粉のみを使ったこのコース用の蕎麦です。

<元祖嶋田屋>
江戸時代文久年間創業、この界隈では最も古いお店です。
野草天セットは深大寺付近で採れるものをメインにしています。こしの強さは湧き水によるもので、地下から汲み上げ、店で冷却して使用しています。
店頭では生蕎麦を販売しているのでテイクアウトできます。蕎麦は打ちたてです。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト