2004年8月21日(土)放送逗子

4位 ウィンドサーフィン

ウィンドサーフィンは、1970年ロスで生まれ、鈴木とうえいさんが逗子に持ち込んだものです。
逗子湾は遠浅で波が穏やかなため初心者がやりやすい海として知られています。

<逗子ウィンドサーフィンスクール>
開校32年、日本で一番古いスクールです。生徒数は500人以上で日本一を誇り、世界的にも最大規模です。
平均年令は37歳。一式40万円程の費用がかかるため、大人のスポーツになっています。
3代目校長(現会長)の真壁克昌さんは21歳から始めた日本でのパイオニア的存在です。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト