2005年7月16日(土)放送九十九里

1位 九十九里浜

その長さは日本最長です。その名の由来は、矢に関する2つの伝説として語り継がれています。一つはヤマトタケルノミコトがこの浜で矢を放ち、その距離を1里とし。それを何度も繰り返したら、合計九十九里あったという説。
もう一つの説は、源頼朝の家臣がおよそ1里を計測するごとに、矢を立てて進むと全部で99本になったと言う説です。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト