2005年8月20日(土)放送八丁堀

17位 玉圓寺

江戸時代、徳川幕府は各地から寺を呼び寄せ、湿地帯だった八丁堀の地盤を固めさせまし。地盤改良が住むと寺を分散させ、与力・同心達に住ませました。その時代から残る八丁堀で唯一のお寺。本堂などほとんどの物が戦争で消滅した為、当時の面影はほとんどありませんがご本尊は1000年前の物。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト