2006年9月30日(土)放送下北 大間

23位 カイダコ

「カイダコ」とは、貝の中にタコが入った生物。正式名「アオイガイ」と言い、葵の葉に似ていることから名付けられました。貝殼は、中に入っているタコが石灰質を分泌して作ります。もともとはフィリピン沖で生息しているのですが、海流に流され下北までやってくるのだと言います。その美しい貝殻は、幸せをもたらすとも、商売繁盛とも言われ、下北のお店のカウンターなどによく飾られています。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト