2007年2月3日(土)放送武蔵村山

11位 村山団地

武蔵村山には都営最大の団地があります。
1966年に竣工されたこのマンモス団地に、我らが薬丸裕英さんの丸秘エピソードがありました。
小学校時代この地で新聞配達をしていた薬丸少年が、ある日のこと、団地の前の水たまりに新聞を全て落としてしまったのです。濡れた新聞を目の前にどうすることも出来ず、数時間うずくまっていたその時、薬丸少年の肩を叩く人が…それは、当時東京新聞武蔵村山支店の店主を務めていた辻末範昌さんでした。「新しい新聞は沢山あるから大丈夫だよ。」と、残りの家へ薬丸少年と一緒に新聞を配ってくれたのです。
現在、武蔵村山市議会議員を務めている辻末さんは、昔と変わらずこの地から薬丸さんにエールを送り続けています。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト