2007年5月12日(土)放送下赤塚

1位 東京大仏

浄土宗・赤塚山 慶学院 乗蓮寺に鎮座する大仏。
建立当時は奈良・鎌倉の大仏に次いで、日本で3番目の大きさを誇りました。
青銅製の阿弥陀如来坐像の身の丈は8m、重さ32t。昭和52年に震災や空襲の被害者を供養するために作られました。通常の仏像よりも頭部が大きく、前かがみ作られていますが、それは真下から拝む時にバランスが良く、また視線が合うよう計算されているためです。あなたも心静かに手を合わせてみませんか?

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト