2007年9月1日(土)放送新井薬師

13位 たき火の歌 発祥の地

今も昭和の面影が残る新井薬師は、実は、童謡「たきび」の歌詞が生まれた場所でもあるのです。
昭和初期、この辺りに住んでいた作詞家・巽聖歌は、垣根の続く道を散歩しながら詩情を膨らませたといいます。この街には懐かしい昭和の風景とともに、名曲にうたわれた叙情が今も生き続けているのです。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト