2007年9月15日(土)放送石見銀山

22位 石見焼

江戸時代から続く伝統工芸品。
『やきものの里』にある「石見焼」の登り窯は、長さ30m、15段という現役としては日本最大級。年に3回、昔ながらの手法で火が入れられ、一昼夜燃えさかる炎は圧巻です。そんな石見焼のヒット作が「石見のはんど」と呼ばれる水瓶。固くて丈夫なことから全国で重宝されたそうです。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト