2008年2月9日(土)放送四谷 荒木町

19位 策(むち)の池

すり鉢状の地形である荒木町の中心にある池。
この池は、江戸時代、松平摂津の守のお屋敷の庭園にありました。その後、廃藩置県で屋敷を江戸庶民に開放したことで花街となり、最盛期には250人もの芸者衆が活躍しました。
そんな「策の池」の周りには、現在も坂や階段が多く点在。複雑な地形とノスタルジックな街並みが、散策する者たちを楽しませてくれます。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト