2008年6月7日(土)放送深川 木場

14位 木挽き職人 林以一

昭和まで、木場に数百人いた木挽き職人さんも、現在で
は、林以一さんただ一人となりました。
「木挽き」とは、大鋸一丁で丸太を材木にする仕事。一番良い木目の出る所を選び、その一切りで材木の価値を高めます。カンナ掛けをしたかのような滑らかな表面の切り口は、正に神技。林さんは、日本の木の文化を伝える最後の職人なのです。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト