2008年7月19日(土)放送銚子

4位 銚子電鉄

銚子の街をのんびりと巡るローカル路線。
大正12年に開通し、市民の足として活躍してきました。心癒されるローカルな魅力は今も残り、タブレット(通標)交換をする単線鉄道ならではの風景は笠上黒生駅で見ることが出来ます。しかし、そんな鉄道も経営難による廃線の危機に直面。考え抜いた末、銚子名物「ぬれ煎餅」の販売を行いました。商品は爆発的なヒットとなり危機を脱出。その後も幾度となく危機を救ってきた「ぬれ煎餅」は現在経営の6割りを支えています。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト