2008年7月19日(土)放送銚子

17位 山十商店

「ひしお」の製造蔵。
奈良時代より伝わる「ひしお」は醤油や味噌の原型といわれ、大豆と大麦に麹を付着させ醗酵させた調味料。原料を樽で1年以上寝かせ丁寧に熟成が行われます。銚子の家庭で「ひしお」は日常の調味料として欠かせません。醤油に似た味で主にお刺身などに使われますが、マヨネーズとあえるのがとっておきの使い方。コクのある和風ソースは揚げ物との相性が抜群です。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト