2008年9月13日(土)放送佐原

6位 与倉屋の大土蔵

与倉屋は醤油の醸造で隆盛を極めた商家。その醤油蔵が今も現存しています。醤油造りには広いスペースを必要とする事から、明治22年に建てられたこちらの大土蔵は実に500畳分! 作業場を確保するため柱は最小限にする工夫が施されています。そんな土蔵を支えるのは「小屋組み」という手法で何層にも張り巡らされた梁にあります。
また、土蔵はメンテナンスを実施されコンサートやイベントなどにも使用。人々の思いに支えられ、蔵は今も生きています。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト