2008年9月13日(土)放送佐原

12位 水郷の暮らし

江戸時代、水運によって栄えた佐原は、街のシンボル・小野川を中心に街が形成されました。街も人も水と密接に関わりながら、歴史を重ねてきたのです。自動車道が整備されるまで移動手段は主に舟を使っており、「サッパ舟」と呼ばれる木製の舟が一家に一艘必ずあったといいます。現在ではその「サッパ舟」で、ジャージャー橋から小野川を遊覧する事が出来ます。

※掲載している情報は、放送時点のものです。

検索

ページトップに戻る

おすすめサイト